2005年02月28日

ときにその名は僅かに輝き

名前には意味があると思っています。

自分の名前はとても良い名前です。気に入ってます。
コドモにも我ながら良い名前を贈ったと自負しています。

自分のコドモに初めて贈るもの。名前。

名づけ親って、自分の親や、別の人がなることもあると思いますが、
これだけは譲れませんでした。

「オレが名づける」

それからは漢字辞典、名づけ字典、人名辞典を読み漁りました。
人名として許可されている漢字が、思ってたよりとても少ないことに驚きました。

そんなのを無視して(漢字辞典読破から始めたのがまずかった)考えた名前なんか、何て読むのか全く分かりませんでした。画数、異常に多いし。習字の時間に名前がデカくなるの必至です。
あの時止めてくれたツマの良識にはとても感謝しています。
「ナニ人だよ」と。

話が逸れましたが、将来コドモの前に大きな壁が立ちはだかってくじけそうな時に、1パーセントでも自分の名前の意味がなにかの力になるような、そんな名前を贈りたかったのです。

自分の名前はとても良い名前です。気に入ってます。
コドモにも我ながら良い名前を贈ったと自負しています。
posted by なりっと at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第106回

ツマ3連発。

その1
朝、NHKの天気予報で、おねいさんが天気図に触れると画面が変わるのを観て、
「あ、すごい。パッチタネルだ」

その2
カレーを作る!と、意気込んで約10分で完成。
味見したなりっとの「こく○ろなのにコクないね」とのコメントに、
「わたしのカレーはいつもコク抜き!」

その3
寝転がって足を上げ、その上にコドモを乗せて、
「♪ゆくぞ〜 ア○ム〜 空飛ぶどうぶつ〜」

1日にしてこれですよ。

参りました。なんか分からないけど、謝りたい気分です。続きを読む
posted by なりっと at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

記録生活第105回

ジャイアンは劇場版になると、なんであんなにいい奴なんでしょうか。なりっとです。
あ、今の挨拶です。使ってもいいですよ。
固有名詞の部分を、自分の名前に置き換えて使ってください。
あ、「ジャイアン」と置き換えたら駄目ですよ。正気を疑われます。

家の備蓄酒が底を尽きかけてます。

ビールは先週の週末に飲み干した。

ウイスキーは一昨日飲み干した。

ジンはいつの間にやらツマが飲み干した。

日本酒は一昨日ツマが飲み干した。

にごり酒はこの前ツマが飲みすぎて青い顔になった。っと、これは関係ないな。

ワインは買ったその日にツマと飲み干すのでいつも無い。

梅酒は毎年作っているので、浴びるほどあるけど、甘くてそんなにいらない。

残るはウォッカとクレームドカシスとパライソ。

あー、明日こそ買出しに行こう。

ハンドルネームですが、このままにしようと思います。
いろいろなサイトにも書き散らして込んでますし、
かっちょいいのを思いつかなかったからでもあります。
突然興が乗って変えるかもしれませんが。
これからも「なりっと」をよしなに。

なりっと(工事中)ってのを考えたんですが、
括弧を入れると名前より長くなってしまうんですね。続きを読む
posted by なりっと at 23:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

たった一人の春闘記録〜その1〜

同僚は冬のボーナスがまだ出ていない。

小さな小さなうちの会社は賞与という名の寸志が出る。
その寸志すら出ていないという。

自分は貰った。勤続年数なのか、気分なのか、毎年上がってはいる。

その同僚は新婚だと言うのに、会社泊まりこみなんてザラっていう生活を送っていた。
この前も3日泊まって次の日の終電で帰ったそうだ。

残業代は出る。変に安いけど。

前に自分が彼並みに忙しかった頃、やはりボーナスがないことがあった。
その頃は公私共に(コドモが生まれたばっか)忙しすぎて、文句を言う暇すら惜しかった。

社長はボーナスを残業代で帳尻合わせしているように思える。

そんなの絶対変。

残業する程頑張っている社員にこそ、ボーナスを優先的に出すべきだと思う。
うちのが世間の企業並みに社員全員にまともな賞与を払ったら潰れると思う。
でも、小さい会社だからこそ、会社を盛り立ててくれる社員はちゃんと形で評価してあげるようになって欲しい。

今、仕事はヒマなので、その同僚にこう言っちゃった。

「よし、オレが社長に言っておいてやるよ」

ああ、出た、得意の安請け合い。でも、言ったからには計画を練ろう。
せめて会社の懐具合で出たり引っ込んだりする査定は指摘しよう。

さあ、やるぞ。
posted by なりっと at 11:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音の挫折遍歴

ピアノ好きです。
「弾く」ってことば、誰が考えたのでしょうね。
昔通っていた専門学校ではピアノが必須だったので、当時18歳にしてピアノ初挑戦。そして挫折。人生初の敗北でした。あ、嘘です。
この言葉だけでなにか聴こえてきそうな気がします。不思議な言葉。
ピアノのある店だとついつい呑み過ぎます。

サックス好きです。
高校時代に「サックスを習う」と宣言したまま全くやっていませんけど。
吹けたら最高だろうな。人生変わってしまいそうで少し怖いですけど。

歌好きです。
聴くのはもちろん、
「歌う」「唄う」「謡う」「詠う」
多分みんな好きです。引くくらい音痴ですけど。たまに泣きたくなります。
その昔「ボーカルやってくれ」とか言ってきた猛者がいて、なんだか断れない雰囲気だったので引き受けたのですが、その出来栄えは消したい過去ベスト3に入ります。

でも、音楽は詳しくないです。
なんだか憶えられなくて。好きなはずなのに。
身体が動いたり、涙が出たり、口角が上がったり。

言葉以外の表現方法を持たない自分。
それ以外の手段で気持ちを表現できるって、どんな気分なのでしょう。羨ましい。
posted by なりっと at 11:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

記録生活第104回

視野狭窄って、人名っぽい。

「課長 視野狭窄」

ね。


職場で珍しく複雑なこと考えている最中に、A氏が

「サラダの定義はなにか」

とか聞いてくる。

「生野菜が必ずあって、切ってあるもの。ちぎるも可」

「じゃあ、モロキューはサラダか?」

「うーん。じゃあ、ドレッシングをかけて食べるもの」

この時点で複雑な考えはどっかに消えた。

ハンドルネーム変えようかなー。
だって、みんなアルファベットでかっこいいんだもんなー。

今からツマと「ロード オブ ザ リング」観ます。
「ロード オブ ザ リンク」だとパソコン用語っぽいですね。続きを読む
posted by なりっと at 22:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やったぜ!Seesaa!!

以前礼節を持ってお願いしたエクスポート機能が実装された。

無料でですよ?

すごくね?

ありがとー、すきだー。

Seesaaからのお知らせ-「ご意見・ご要望がございましたら」へのトラックバックです。
posted by なりっと at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PCといふもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第103回

BLOGに嵌っています。

もっぱら更新できていません。

PCの前に座るとRSSの更新記録があ。

とか言ってるうちにこの時間。

今、欲しいもの・・・

時間!続きを読む
posted by なりっと at 01:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

その全てはことば遊び

この世の全ての意味を考える。あるいは考えない。

世界に命を吹き込む営み。

でもね、諒解しておいて。
問いと答えとは対にならない。美しいシンメトリーはここには、ない。

気をつけなさい。

意味は理由に整形され、理由は言い訳にすり代わるから。
posted by なりっと at 09:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独りうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

真価を問おう

大切な人とすれ違う。
日々のサイクルは停滞する。
こんな日に限って誰かを支えなきゃいけない。

日常的な、
毎度の、
ちょっとした、
危機。

さあ、危機だ。

真価を問おう。
posted by なりっと at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

ご指名ありがとうございます

友人の結婚パーティーに出席した。
こぢんまりとした会が殊更ほっこりとした気持ちにさせてくれた。うまい酒だった。

それはよい。

問題はその後。

店を出て、建物の前で全員が出てくるのを待ってると、少し派手なスーツに身を包んだ男性とすれ違った。
後ろにはほろ酔い加減のおじさん二人。
「すみません」
すれ違いざまに彼らに道を開けた、なりっとにスーツの男性が言った。
それを見ていたおじさんさんの一人が、なりっとに、
「この店高いんじゃないの?大丈夫?」

こんなに上品な青年(注:なりっと)をキャバクラの呼び込みと間違えてるみたい。
そのおうへーな態度と釈然としない勘違いに、ムっとはしなかったけど、代わりにイタズラ心が頭をもたげてきた。
おじさんに近づいてこう囁いてみた。
「オススメはタマエちゃん。武田に聞いたって言えば分かるから」
もちろんなりっとは武田さんじゃないし、タマエちゃんも知らない。

指名したかなあ、タマエちゃん。

たまにはいいよね?イタズラ。
posted by なりっと at 09:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第102回

今日もなかなかアホな1日だった。

財布忘れる。
セキュリティカードの操作ミスで、職場から締め出しを食らう。
駅に菜の花が植えてあったので、匂いを嗅いだら、勢い余って鼻に花粉がついたことに気が付かずに、鼻が黄色いままで家まで帰った。
家に帰ったら、今日来ていたコートの中に財布を発見した。

書いてて思う。

ばかだなー。続きを読む
posted by なりっと at 00:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

記録生活第101回

恥ずかしいけど、初体験の話。

傍らに腰を下ろし、じっと起伏を見下ろす。
かつてこんなに間近に、こんなにじっくりと見つめたことはない。
でも、迷惑がらないその態度が免罪符だと勝手に安心してもいた。

ふいに、ほんとうにふいに、

その起伏に無造作に手を投げ出す。
まるで、それに自分の意思などないように、無機物を放るように。
こんな仕草で、本当は全神経をその右手に集中させていることを誤魔化せるだろうか?

反応はない。

よし。

あとは滑り降りればいい。
心も、身体も、全て堕ちるに任せればよい。
快楽は奈落を堕ちたその先に必ずあるのだから。

少し、ほんの少し右手を動かす。
掌が突起に触れる。



やわらかく、
つめたく、

右手から脳に送られてくるあらゆる信号が、
今までこっそり蓄えてきた僅かな知識が、
今右手がなにに触れているかを知らせてくる。

初めてだけど、そのくらい、分かってるさ。

そう自分に嘯き、平静を保とうとする。取り乱すな。
この感触は深く深く記憶の壁に刻み込まれることだろう。

手の先にあるのは―続きを読む
posted by なりっと at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

実況 怒涛のオリジナルカレー〜その9〜

カレー食いました。

びびった。

カレーというより、かれぇって感じ。

ツマにも食わした。
感想を聞くと、
「かれぇ」
と、一言。

反省点としては、
1.ショーガが多かった。
親指じゃなくて人差し指だったか。

2.鶏肉が硬かった。
あと1時間蒸せばよかった。

3.タマネギが少なかった。
タマネギは2個必要かな。

4.ニンニクが少なかった。
あんなに入れたのに、ニンニク臭がしない。もっと入れなきゃ駄目かな。

5.カレーっぽくなかった。
スパイスの調合を考えてみます。

でも、美味しかった。大成功。

言い切ることが大切。言ったもん勝ち。
posted by なりっと at 16:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチンドリンカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モノクロ−ムな飲み会

男女比がすごいことになりつつあるうちの職場。

新人歓迎会ということで集まった新人4人(オール男)
その他参加者7人(オール男)

オール男でオール背広。

黒い!
色彩が無い!
葬式か?!


なんか、変に盛り上がった。イヨーな感じ。
posted by なりっと at 15:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なにを感じ、なにを考え、なにをした

父と大喧嘩した。

喉が張り裂けんばかりに怒鳴った。食器を床に、窓に、机に叩きつけた。父の胸倉を掴み、力の限り引き絞った。

怒りに狂った。

なににあれほど憤っていたのか。なにを叫んだのか。なにを壊したのか。

実はあまりよく思い出せない。
あの狂態が夢での出来事のようにも思う。でも、翌日の喉の痛みと、父が砕け散った陶器の破片を片付ける音の記憶とが、あれが夢じゃないことを伝えている。

父親の醜態を3歳の息子に見せてしまったことが悔やまれる。
あんなに小さな子にこんな思いをさせるなんて、最低だ。本当に最低だ。
胸の中で小さく丸まって、耳だけをおずおずと傾けていた。
「出て行け」と命じられて飛び乗ったタクシーの中で妻に息子が言った。

「・・・じいじ、・・・パパぶった・・・」

ぶたれてはいない。首を掴まれただけで。

掴んですぐに放した。
父はなにをしようとしたのか。本当は殴りたかったのか、それとも殺したかったのか。
最愛の、多分世界でただ一人の理解者の、一人息子を。
多分、父も狂っていたのだろう。怒りに。

怒鳴りあい、罵り合うのはいつものこと。
自分が持てる全ての語彙を駆使して相手を全否定しあう。
でも翌日には「おはよう。昨日は飲みすぎたな」なんて言い合う。そんな仲。
ただ、お互い感情を剥き出しにしただけのこと。喧嘩でもなんでもない。

今回は違う。剥き出しにした感情の仕業じゃない。
自分と父。二人のなにがそうさせたのか。
すべて酒のせいにしてしまいたいとも思う。でも駄目だ。逃げたら駄目だ。
それをやったら、今まで大切にしてきたものを失う。絶対に。

今はまだ答えが出ない。
posted by なりっと at 14:56| 東京 ☀| 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超人

プロ野球選手の古田敦也選手。

選手会長として、現役選手としての彼の三面六臂の大活躍は記憶に新しい。

その古田選手が、今年になってBLOGを始めた。
「古田敦也公式ブログ」
多忙を極めているであろう、彼が新しいことに手を出す。
ただ始めたわけじゃない。彼はBLOGに対しても真摯だ。
凄いことだと思う。

頻繁で質の高い更新。
うっかり(?)トラックバックを募ってしまい、千を超えるトラックバックが集まっても、その一つ一つを読む姿勢。

本当に凄い。

世の中で彼ほど忙しい人がどれだけいるだろうか。
その忙しさの中、千を超えるトラックバックを読める人がどれだけいるだろうか。

その昔、彼はなりっとの中でキライなプロ野球選手ワースト10に名を連ねていた。
理由は手強いから。もう、本当に憎かった。
今は、日本で2番目に凄いプロ野球選手だと思ってる。

現役生活が長く続くことを祈ってる。
posted by なりっと at 10:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掌のぬくもり

痛い。

血流が、神経を伝達する電流が、想いが、
痛みを引き起こす。

血が通っているから、
神経が敏感だから、
そこに想いがあるから。

痛むのだろう。

痛みが生の証なら、
歓迎すべきかもしれない。
むしろ、欲するべきものかもしれない。

私は生きている。

でもね、

じんじんと響くその痛みに、
孤独を突きつけるような痺れに、
心を折られそうな嫌悪感に、
泣いてもいいんじゃない?

だって、身体は一つだし、
これから先どこまでも一緒なんだから。

だから、ねえだから、少しだけ暖めて。

風花-「季節のはざまに」へのトラックバックです。
posted by なりっと at 00:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 独りうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

大げさかなあ。でもさ

近頃は、コメントしてくださる方々もおられて、うれしい。

何度も言っていますが、コメント、トラックバックはすごくうれしいです。

なりっとも近頃はいろいろなサイトにコメントを入れてます。
そりゃーもー、しつこいくらいに。

BLOGへのコメントって、その人に対する行動だから、
肩を叩くような、
手を弾くような、
突き刺すような、
ハグするような、
キスするような、
見つめるような、
そんなコメントを残したいと思っています。

自分も、そんな風にされていると思っているから。
posted by なりっと at 02:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第100回

職場で前の部署で上司だった人から、
「これからも、一蓮托生な」
って、言われた。

あなたが望むなら、オレはどんな仕事もこなします。
あなたがオレを必要とするなら、出来ないことでもやってみせます。
ほんとですよ?きっとできます。

って、言いたい気持ちを
「へへへ」
に込めた。

今の上司さん。わかる?これ?続きを読む
posted by なりっと at 01:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。