2005年08月31日

ようこそ私の研究室へ

なぜ痩せないのか。

減量はカロリーの収支の問題です。

赤字になれば痩せる。

ここで気をつけなければならないのは、急激にカロリー摂取を減らすと体内の脂肪酸が飢餓状態になり、僅かなカロリーも脂肪として蓄積するようになってしまい、結果より太りやすい体質になってしまうという、リバウンドです。

ですが、3度の飯より呑み喰いが好きなボクは食べるものを極端に減らせません。

つまり、カロリーの収支にさえ気をつければ、いとも簡単に痩せられるはずです。

でも痩せない。

なぜか。


その理由をついに発見しました。
なぜか痩せないひと必読ですよ。

おもいっきりですよ。
あるあるですよ。
スパスパですよ。




続く





まあ、引っ張る理由もないので続けます。(29考さんパクりました!)

リバウンドには、実は2種類あったのです。
その2種類とは

肉体的リバウンド



精神的リバウンド

です。

あ、ここテストにでますから。




続く




シツコイですかね。(29考さんまたパクりました!)

肉体的リバウンドとは、上述の通り、体質が摂取したカロリーを脂肪にしやすくなってしまうことで、減量前より太ってしまうことを指します。

一方、精神的リバウンドは、食事制限をすることによるストレスを減量目標を達成した後に一気に発散してしまうことを指します。

ところでボクは毎月月末になると計量をします。
ツマもします。
目標体重を達成すると、達成出来なかった相手から金品を強奪できます。両方達成、もしくは両方失敗だとドローです。
この掟によって、ボクの食生活は計量を控える月末は猛烈に貧しくなります。そして、計量が終わった月始めは冬眠しそうな勢いで食べまくります。主にカレー。

なもんですから、痩せる→太るを1ヶ月周期で繰り返してしまいます。

しかも、卑劣にもツマは月末になると夕飯を豪華にします。ボクだけ。
うっかり食べまくってしまいますと、痩せる間もなく太って行きます。

だれか誰かなんとかして下さい。ボクの頭を。



続く
posted by なりっと at 00:18| 東京 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

あらすじ改め日本ミステリー界に衝撃を

「行く夏を惜しんでお祭りを!」が新たな展開を迎えました。

被害者鰹さんの逆襲です。恐ろしいですあの人。アレに全部コメント返すなんて。

兎に角、新章突入です。皆さんふるって参加して下さいませ。

新会場:南海の孤島の奇妙な館、通称「雪の山荘館」事件。

以下、ログ(中途半端)
posted by なりっと at 15:58| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

やったら絶対楽しいから!ね?ね?

青い激情 (ん?-「行く夏を惜しんでお祭りを!」へのトラックバックです。

現在、大盛り上がりの「突然ですが【トラバでボケ清水賞】開催のお知らせ。」ですが、なんとなく参加しづらいなーって思っているそこのあなた!そう、あなたですよ。そこでビール飲んでるあなた。

m_niさんが面白い企画を考えてくれました。

コメント欄で参加してみてはどうですか?

コメント欄で一行ごとに皆で物語を作っていくのです。

伏線を張るもよし。一気に解決するもよし。新章に突入するもよし。

次の人に無茶振りするもよし。(今やってきました

キラリと光る一行を入れてみよう!

会場は「南海の孤島通信その1。」です。

現在、主催者の鰹さんが旅行に行きやがって行っています。

帰ってきた時に収集がつかなくなるほどコメントを入れましょう。

*************************

「緊急特別企画」
コメント欄でリレー小説「南海の孤島にかつおは何を見るか」と題して
「トラバでボケ清水賞」をうっちゃってリゾートに出かけたかつおさんを驚かせようではないか
どうかなご覧のお祭り好きな皆さん。気軽に何度でも書き込んでとんでもないコメント数を目指してみないか?
期限はかつおさんが帰ってくるまで。

企画元:青い激情 (ん?さま http://bluemni.exblog.jp/
会場:カツオくんは永遠の小学生。さま http://katuo0076.exblog.jp
posted by なりっと at 23:13| 東京 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第167回

減量とバスケの鍵はリバウンドだ



嘘格言で始めてみました。
格言と泰源は似てますね。源治より似てますね。

はい、これを読んだそこのあなた、この小ネタを明日までに10人の人に言いなさい。

あ、嘘ですごめんなさい。

泰源と言えばオリエンタルエクスプレスですが、秋葉原に筑波エクスプレスなるものが出来たそうですね。
隣の席のズビズバ氏は真性のAボーイなので、まるで新居を自慢するサラリーマンのように秋葉原の話を誇らしげに話ていました。帰りにわざわざ遠回りしてそのなんとかプレスに乗るそうです。
ボクは新居自慢をその気もないくせに「へぇー、いいなぁー、今度ぉ、遊びに行ってもいいですかぁ?」なんて言いながら聞いてくれるOLさん程優しくありません。

「特急乗っても、普通に帰ったほうが早いんですよね?」

これが失敗でした。
この後、興味ないのにいかにこの電車がすごいか、いかに秋葉原は素晴らしいかを延々と聞かされる羽目になりました。うへえ。

大体エクスプレスって、訳すとなんですか?汁(エキス)圧(プレス)?

筑波汁圧。じゅっって感じ。つゆだく。

あーそーいえばコリアンエクスプレス宣銅烈ってのもあるなー。

続きを読む
posted by なりっと at 22:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャンプをひねる

寝ては醒め醒めては眠り気がかりはあすの天気さと雨の男
(九里なのし)



雨女変わらぬ予報何遍見てもおんなじさ晴れにならない曇りのち晴れ
(九里なのし)



贈りたい物より記憶だって君はおてんとさんにきっと好かれてる
(九里なのし)



前にも言いましたが、猛烈に雨男です。
今年で15年やってる恒例のキャンプですが、全く雨に降られなかった記憶ってありません。

さらに、タチの悪いことにツマも雨女です。結婚前は雨の中のデートが多かったです。

でも、yuuが生まれるとちょっと様子が変わりました。
行くとこ行くとこ晴れまくります。ビバ晴男(水野監督じゃないよ)

去年のキャンプはしとしと1日中降ってました。雨夫婦の貫禄勝ち。
今年は昼間ピーカン(昭和のにほい)でyuuの勝ちかと思いましたが、昼寝の時間になると見事に降りました。そりゃあもう馬鹿みたいな夕立。

雷様おおはしゃぎ。

この話がネタじゃない自分にびっくりです。

シュラスコはチリメンジャコじゃあない野趣あふるる牛肉料理
(九里なのし)



雨の中肉をこそげりむさぼるのアウトドアって愛に似てない?
(九里なのし)




土砂降りの雨の中、昨夜から下拵えしてある、シュラスコを焼き始めます。
途中、チリメンジャコやらフラスコやらと、ちっとも料理名を覚えられない参加者にツッコミを入れつつ、焦げないように炭火で焼いていきます。
表面が焼けたら、ナイフで薄くそぐように切り、参加者の口に放り込んでいきます。もちろんボクも食べます。ビールがウマー。
切ったところにまた塩と胡椒を振り、また焼きます。
簡単で派手で旨い料理でした。オススメです。

食い合わせ?悪くて悪い?ももといなりともずくとばかと
(九里なのし)



四国にさ出張なんだ雨男ダムの中心で雨と叫ぶね
(九里なのし)



宴が終わる頃には雨も上がり、お次は風呂です。ここのキャンプ場は温泉場の近くにあり、野天風呂があります。

男4人で貸し切りでした。貸し切りと言っても、たたみ4畳くらいの湯船なのでちょーど良い感じでした。
さっきの雨のせいか、湯加減はぬるかったですけど。
親友Aに舌打ちされてこう言われました。

「お前、ちょっと四国行ってこいよ」

貸し切り状態は長く続き、よいよ童心が押さえられなくなっていきます。
まず、流れるプールを創りました。

ぐるぐるぐるぐる・・・・

気が付くと、親友TUが鎖に足を引っかけて風呂の栓を抜いていました。
親友Aが踵で排水口をふさいで、皆で必死になって栓を探しました。
いい歳したおっさん4人がなにをやっているのでしょう。

無事、栓も見つかり(水位が10センチくらい下がりましたが)、今度はシンクロです。
両足を高く上げるもんですから、勢い余っていろいろな食材が湯船から顔を出します。

いい歳したおっさん4人がなにをやっているのでしょう。

自然より人工がいいものもある閃光とかねって雨男
(九里なのし)




湯上がりにみんなで少しだけ花火をしました。
線香花火をやる時のあの感覚ってなんでしょうね。
切ないような、儚いような。
「いいの。あの人とのことはひと夏の出来事なの。膨らんで、弾けて、もう落ちたの」
ってゆー気持ちに条件反射的になってしまいますよね。(あの人って誰さ)

まあ、そんな感じのキャンプでした。

ぐずぐずねあなたはいつもあれもこれもそうよ今だってはやくイってよ
(九里なのし)



_
タグ:ドヘタンカ
posted by なりっと at 01:24| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | たまには昔の話を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

祭りのあと

カツオくんは永遠の小学生。-
「突然ですが【トラバでボケ清水賞】開催のお知らせ。」へのトラックバックです。

「ねー、私のカップヌードル知らない?」

国営放送のドキュメンタリー番組を観ていると、台所から妻の声がする。
夜、子どもが寝た後でのテレビ観賞は共働きの夫婦にとって、貴重なコミュニケーションの時間だ。

夏祭りに出かけた今夜、子どもはしゃぎ過ぎて疲れたらしく、出店でもらった金魚(掬えなかったがおまけで貰った)と一緒に寝ると駄々をこねたことを除いては、いつもより楽に眠ってくれた。

「ああ、君のヘソクリのことか」

私は番組の一番の泣かせどころ(南海の孤島から生還したエンジニアが、新製品のアイデアを社に持ち帰り、見事その製品が大ヒットしたという件)を見逃さまいとぼんやりと口先だけで返事をした。
コミュニケーションも大切だが、ある男達の半生を今の自分になぞらえ、明日の活力するこの作業も大切だ。

「慎ましい妻でしょ」

「下腹以外はな」

言ってからさっきのは駄洒落だったと気付くが、私も冗談を言ってしまったので、笑うタイミングを逸してしまった。
まあ、どうでもよい。後悔するほどの出来ではなかった。

「あー、もう、そんなことはいいから、カップヌードル知らない?ってば」

妻が再度尋ねてくる。
さっき出店の焼きそばやたこ焼きをたらふく食べたというのに、もう消化してしまったらしい。
加齢と共に代謝が減り、脂肪が付き易くなっていることはこの前説明したし、消化酵素の分泌量が少ない就寝前の2時間以内に食事を摂ると、胃や腸に食物が分解されずに長い時間留まり、皮下脂肪となりやすいことも再三説明している。

「僕は食べてないよ。だいたい、台所は君のテリトリーじゃないか。僕はこの家に引っ越してきて以来、その棚は空けたことすらないよ」

「おっかしーなー。チキンラーメン札幌一番味噌ラーメンと一緒に確かに昨日まではあったのに」

やれやれ。
私は思い腰をあげることにした。
やはりコミュニケーションは大切だ。
テレビにはスタジオに集まった当時のエンジニア達が目頭をハンカチで押さえている。

彼女の言動には2つ程ひっかかるところがある。
まず一つは、

「もう、食べたんじゃないの?」

「そんなことはないよ。昨日の夕飯の後に買ったんだもん。今日の朝は皆でトースト食べたでしょ?昼は仕事で家に居ないし、夜はさっき屋台で済ませたじゃない」

「済ませたならなんでまた食べるんだよ」

「しょうがないでしょ。締めよ、締め」

なにが締めだか。私としてはウエストのほうを先に締めて欲しい。
ではもう一つ、

「別の所にしまってあるんじゃないの?君はカップヌードルみたいなカップのヤツは袋のヤツと別々にしまうのだろ?」

これで決りだろう。妻がどんなに事件を起こしても、私なら小説の名探偵よろしくたちどころに解決するだろう。
但しこれは長年生活を共にした妻が相手の場合のみだ。

「そうなんだけど、この前棚を整理して一箇所に置くようにしたのよ。前にカップのラーメンを置いていた場所には靴下が入ってるし」

以前食料品を入れていた棚に衣類を収納するセンスが分からないが、そんなことはどうでもいい。
では、いったいカップヌードルはどこに。

ふう。

どうも本気で考えたほうが良さそうだ。

私はテレビを消し(いつの間にか往年の大物女性シンガーが歌うエンディングテーマが流れていた)、本腰を入れるためトイレに立った。尿意は集中力を鈍らせる。

「あ」

思わず声が漏れる。
なぜなら便器の中には伸びきったラーメンが浮いていたからだ。
カップヌードルの具の肉がふやけている。



・・・・・・・・・・・。


この時、私のシナプスは正解の握手を交わした。


「おーい。さっきの金魚どうしてる?」

「え?たしか玄関の取っ手に吊るしておいたはず」

「今は?」

妻が玄関に金魚を見に行く。

「あ、ない」

小便の済んだ私は手も洗わずに2階の子どもが寝てる寝室に向かった。

寝室のベットには、金魚が入ったカップヌードルの容器を、奇跡的にこぼさずに抱えている子どもの寝顔があった。

私は明日水槽を買いに行くことと、トイレのラーメンは流して良いものかどうかを同時に考えながら全く別のことを言った。

「今日は食べずにもう寝たら?」

妻は憮然としつつも、納得したようだった。


テンプレ
posted by なりっと at 00:23| 東京 🌁| Comment(38) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

伝説またたび、もとい再び

ちょめかた(佐々木あらら)-「2005年、ささきイベント決定。」へのトラックバックです。

あー、すいません。ちょっと興奮しております。

遂にあの伝説が甦ります。

あのエキブロ百店を成し遂げた歌人佐々木あららさんがまたとんでもないことを始めようとしています。


佐々木あららエキブロ体力勝負イベント第2弾(第4弾?)
遅すぎた夏休み:リアルタイム読書感想文
漫画喫茶でジョジョ一気読み
〜どこまで持つか、31歳〜


D:logfileararasan_thumb.gif
バナー作成PDPさん


です。タイトルのまんまです。

さあ、新しい伝説をこの目で!


_
posted by なりっと at 22:46| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第166回

えー、まいど馬鹿馬鹿しい噺を一つ。

うなぎーおーいしかのやまー。

と、言うことで昼は鰻を食べて参りました。
串打ち3年焼き8年とは良く言ったもので、食材に串を打つのはなかなか難しいものでごさいます。
ボクなど焼き鳥の串でも上手く肉の真ん中に刺さらず身が寄ってしまう有り様でございます。
さらに焼きの難しさときたら、しっかり火を通し且つ、タレを焦がさぬよう且つ、タレの焼ける香ばしさを身に染み込ませるってんですから、こりゃあ、相当な修行も必要ってもんでございましょう。
そんな思いで鰻重をそれこそ鰻のように首を長くして待って居りますてぇと、肝吸と一緒にやって参りました。
さっと回しかけたタレが染み込んだご飯と一緒に食べますとふかふかのご飯よりなおふかふかした鰻が舌の上でとろけるってぇ寸法です。。
甘いタレの余韻に浸りながらお次は肝吸を頂きます。
見るとお椀の中心に鎮座する肝。
いや、なかなか肝の座った鰻でございます。

兎に角、大変おいしゅうございました。

え、オチがない?
ちゃんと落ちましたよ。ほっぺたが。

おあとがよろしいようで。
続きを読む
posted by なりっと at 02:14| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃げもしなければ闘いもしない

この記事の中にある言葉の刃は全てボクにのみ向いています。

公開もし、コメントも開放していますが、それは別の思いがそうさせています。
その話は機会があればまた書きたいと思います。

続きを読む
posted by なりっと at 02:12| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今もどこかで降りしきる雨

あいつらが
あいつらの空が
ぶあつい
入道雲に
覆われてゆく

おれたちは激しい雨に逃げ出すのか

それとも落雷をせせら哂うのか

暗い空へ駆け出しもせずに
posted by なりっと at 02:02| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 独りうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

記録生活第165回

キャンプだほい キャンプだほい キャンプだほいほいほい 
やー!(ユースケサンタマリアっぽい感じで)

キャンプだほい キャンプだほい キャンプだほいほいほい 
やー!(ドリフの合唱の時のカトちゃんのノリで)

明日から高齢のキャンプに行ってきますじゃ。ごほごほ。メシはまだかえ?

あー、あと広島Tシャツアート展にこのデザインを応募してきました。
苦手なお絵かきだけど、やってよかったです。たのしみー。

まだの方は明日の消印有効ですので、頑張って下さい。


明日早いのでもーねまーす。

続きを読む
posted by なりっと at 01:15| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

苦し紛れの豚ブロック〜その5〜

いやー、諸事情でだいぶ空いてしまいました。

塩が少なかったらしく、やや味気ないですが、まあまあいけました。
ツマに食べさせてみると「イマイチ」と言われました。むむむ。

いや、おいしかったって。いやまじ。

工程が少なすぎてヒマでした。
ってか、料理しながら携帯で投稿ってかなりの確率でしくじります。

是非一度おためしあれ。(最後だけそれっぽい締めかた)
posted by なりっと at 01:33| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | キッチンドリンカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

苦し紛れの豚ブロック〜その4〜

本当は網で焼きたかったのですが、コンロ拭くのが面倒なのでフライパンで焼きます。

あ、凧糸で結ぶの忘れた。もうグズグズです。いつもか。

ドリンクは泡盛ロックに移行。


posted by なりっと at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンドリンカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦し紛れの豚ブロック〜その3〜

ニンニクを抜いて塩と胡椒を肉全体に擦り込んだら、ニンニクを穴に差し直して、その穴にローズマリーも入れます。
慣れない方は塩と胡椒を擦り込んでからニンニクとローズマリーを入れてください。(なんか文句ある?)


posted by なりっと at 22:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンドリンカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦し紛れの豚ブロック〜その2〜

肉に包丁で穴をあけます。
蜂の巣にしてやりました。

穴に4分の1に切ったニンニクを突き刺します。発破っぽいかんじ。

あ、塩と胡椒を擦り込むの忘れてた。

ニンニク抜かなきゃ。相変わらずあほです。
ドリンクはキリンブラウマイスターです。
限定につられて買いました。


posted by なりっと at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンドリンカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦し紛れの豚ブロック〜その1〜

久しぶりのキッチンドリンキングです。

ンが多いです。

セレブなチカママさんのとこでは、牛を使っていましたが、びんぼっちゃまななりっとは豚の肩ロースです。

ここで豚の肩ロースについてウンチクの一つも垂れればいいのでしょうが(かたろーすだけに)よく知りません。

今から作りつつ、携帯でアップしつつ、酒飲みつつの、全体的につつの方向でやっていきます。

ではスタート。

posted by なりっと at 22:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチンドリンカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第164回

なんだかカレーづいてます。
4打席連続カレーです。
まあ、いつものことなんですが、4打席連続は意外とありません。
リーグ新記録がかかった5打席目っ



っだったのですがリキんでしまい、平凡なペペロンチーノ。
(プロ野球ニュースっぽく読んで頂けると面白いです。ボクが。ってか今スポルトだっけ?わはは。片仮名だとウケる。スポルト。もう一回スポルト。ってか括弧書きなげーよ)

ほんとは今週末のキャンプの料理をプレ試食しただけなんですけどね。(プレの使い方間違ってます?あ、プレイボーイって、ボーイの前ってこと?なわけないか。イが余ってるし。それにしても身がねー記事だな)

参加者に鳥肉と羊肉が駄目なヤツがいまして、豚か牛限定なんですよ。
メー羊が食べたいメー。(羊と非通知似てませんかね。羊着信とかあったかそう。逆に仔非通知の赤ワイン煮とかやだな)

まあ、でもチカママさんのところでおいしそうなのがあったので、今から作ります。

久しぶりにリアルタイムで更新します。

続きを読む
posted by なりっと at 21:56| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

塩気のない枝豆とぬるい麦酒とわらう犬

あさ。

いつも通り太陽にぼくは起こされる。

温度計を見る。
ぼくの日課。

まあ、そんなたいしたものでもないけど。
だって、大抵の人はやってるから。
起きて顔を洗うことを日課とは言わないでしょう?

今の気温は70度ちょうど。うん、今日は結構涼しいな。

天気がいいからビールでも持って散歩しよう。

顔を洗って歯を磨いて着替えをして、おっと、羽織るものいるな。
スニーカー履いて玄関を出たら、ぷしゅっ。太陽にかんぱい。

ビールがぬるいや。慣れたけど。

隣の畑にが生えてた枝豆をむしって食べた。うん。うまい。
塩が欲しかったけど、意外といける。

向こうでかき氷の出店が出てる。
氷と言ってもドライアイスだけど。
僕がブルーハワイを頼んだらおじさんががりがりやってくれた。

ガリガリモクモク
ガリガリモクモク

へい、おまち。

青いシロップがぼこぼこいってるかき氷をハフハフ食べた。煙でどうも食べにくい。
でも、なにがイヤだって、語呂が悪いこと。かきドライアイスじゃ、言いにくいったらない。

あの犬は今日も舌を出してへっへっへっって笑ってた。

タグ:大人の童話
posted by なりっと at 23:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | たまには昔の話を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第163回

♪マーコエマーコエマーコエマーコエ・・・

早速マルコメサブリミナル作戦が効いてきました。

まだはっきりとマルコメと言えてませんが、マルコメがマルコメ言ってます。

とりあえず今朝も「おまえがな」と、ツッコんどきました。

お盆休みで会社にほとんど人がいません。
今日一日挨拶以外喋ってません。

無言さいこー。(ヒッキイ)

ズビズバ氏もいないので、モニタをチラ見されることもないし、ぱたぱた扇がれることもありません。
一人さいこー(暗いですか?)

ここ数日食い気が止まりません。
食事した後になんか食べてしまいます。
今日も昼ご飯は野菜スープで我慢したのに、おやつにポテチ食いました。
ほぼ無人の職場に響くポテチの音。
こーゆーのシュールって言います?

ええと、今洗濯しました。

これで地震、雷、家事、オヤジ(オレのことかい)コンプです。
だからどうした。


続きを読む
posted by なりっと at 23:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺せ得るもの

んがぁ。-「日焼けの跡」

しんぞぉのおんな-「お盆のこと」
へのトラックバックです。

その 小さな手でなにを掴んでるの?

その 大きな瞳はなにを映してるの?

その 小さな胸になにをかかえてるの?

実はね

きみが魔法だと思っているこの手も

千里眼のようなふりをしてるこの眼も

奈落のような胸の内も

拙く 濁って 浅いんだ

だからせめて

せめて清く正しくしたいのだけど

ただそう思うのだけれど
posted by なりっと at 01:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独りうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。