2006年02月28日

私信をお許し下さい

気がついたら手を引っ張られていつの間にか走ってた。

その手はとてもとても熱くて、ぼーっとしてたら直球をぶつけられた。

「よーし」って思って全力でダッシュ。

抜いたと思って気を抜いたら躓いた。

そしたらすぐ後ろから支えてくれた。そんな人。

常に誰よりも早く、誰よりも広く魔法をかけた。

その人は「自分のやりたいようにやってきた☆」ってニカっと笑った。

戻ってきたらまた、元気でよろしく。

posted by なりっと at 22:36| 東京 🌁| 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第207回

この前久しぶりにひどい若者を見ました。

女子高生と、あたま足りなさ奔放そうな20代前半のデク長身の男性のカップルなのですが、お互いがお互いにもたれ合って歩いています。
ああ「人」と云う字はこーゆーことなのかとティーチャー金八が勘違いしてしまいそうな程見事に「人」でした。

まあ、昔酔っぱらって電車の中でジェンカを始めたボクです。(ごめんなさい)少々くっつくくらいはまあ、よしとしましょう。
でも、この壊れかけの合掌造りカップルは、ことあるごとにちゅっちゅっしやがるんです。もうその頻度たるや、クチビルが摩耗してなくなるんじゃないかと気を揉む(いや、むしろなれ)程でした。

最近の若いもんはとか言うつもりはありません。いつの時代もあれは明らかに少数派ですから。
ただ、あれがもし自分の息子や娘だったらと思うと、なんだか切なくなってしまう父なのでした。

昔のボクのバンコウを苦々しい思いで見ていたオトナたちも、こんな気持ちだったのでしょうか。

前にこんなことをyuuに書かれたのですが、横浜行きはどうも免れたらしく、今は田町にいたりします。

この町も面白そうです。飲み屋だらけ。くふふ。

ところで、ここのコメント欄最近重くないですか?
しかも連続して書き込むとなんだか順番が狂ってしまいます。
ただでさえコメント機能が貧弱なのに、重くちゃどーしよーもないです。
まあ、ここは本来アフィリエイトで稼ごうというユーザーをターゲットにしているんだから、コメントなんかどーでもいいのかもしれませんが。
それにしたってpingははじかれたりしてイマイチですよー。

でもね、タグは使い放題だし、htmlファイルあげればページだって作れちゃうし、バックアップ機能は強力だしいいところもたくさんあります。

そして、そんな機能面より、なによりボクが愛着を持っています。
偶然見つけたブログサーバがここだったのもきっと何かの縁でしょう。
まだまだ使うからよろしくね。

あ、でもコメント欄のユーザー情報はブラウザに覚えてもらいたいなー。コメントしてくれる人には出来るだけリンク張って欲しいんです。
なんでって?コメントが頭おかしい面白い方が沢山いるからです。
ボクは新しいブログを見つける時に主にコメント欄のリンクから飛んでいきます。
「この人面白い」って思ったコメントを残す方のブログははずれがありません。

ま、頼むよ。Seesaaっち。


続きを読む
posted by なりっと at 00:01| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

シモベ100人補完計画

いっちねんせーになったーら
いっちねんせーになったーら
シモベが100人できるかな
ひゃーくにーんで・・
あ、気がつかずにごめんなさい。
たまには童心に帰るのもいいものですね。
yuuです。ご機嫌いかが?

3月のエキブロ新聞は今まで記者をやってない人限定で募集しているみたいです。

これを機に記者に応募して、万年ヒラ記者の父より出世してみるのもいいかもしれません。

今までの記者さんたちが整備した作業ルーチンや支援ツールにより、記者一人々々の作業トラフィックもかなり軽減されて、より迅速かつ円滑な記者活動ができるようです。

訪問者も反応も個人ブログでなかなか味わえない規模です。情報発信の醍醐味が詰まってます。
3月はみんなが同期です。これを機に新しい交流を手に入れてみませんか?

記者申請はこちらからどうぞ。

あ、醍醐味と言えば、記者を辞めて毎日家でゴロゴロしているだけの父は粗大ゴミでいいんですかね?
いろんな意味でシケているので、燃えるゴミじゃないと思うんです。

あ、お母さん。
湯通しした白子はよく冷やさないと味が染みないから駄目だと言ったではないですか。
あさつきも忘れないで下さいよ。
posted by なりっと at 03:38| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | コドモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

記録生活第206回

先日、なんの脈絡もなく書き倒した口癖ですが、無意味にひっぱってみたいと思います。
ツマの祖母は今なお、頭の回転が早い人で、飲みに行ってお酒が2合徳利がなくて、1合づつしか頼めないと詰まらなさそうな顔をする女傑です。
彼女の頭の回転の早さを眞鍋かをり似の人の4回転ジャンプだとすると、ボクの回転は1go-tokkuriさん似のライブドアオ○トのCMくらいです。(当ブログは時事ネタてんこ盛りの社会派ブログです)

その祖母の口癖が「変な話」です。
「変な話、今日の鯖はおいしく煮えた」

とか

「変な話、腰が痛い」とか言います。

これが

「ジミ変な話、やっぱヤツこそロックだな」

とかだったらここぞとばかりにツッこむのですが、全く変な話ではないのでやはり少し困ります。

前にも少し話しましたが、ボクの業界では

「あ、そういうこと?」

とか

「なるほどね」

っていう人多いです。しかも大抵そういう時は分かってないんですよ。
って、ボクも最近よく言います。

「あー、そういう話?」

なにがそーゆー話なんだか。


続きを読む
posted by なりっと at 00:05| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

記録生活第205回

4年前はなんだか変な競技だと笑っていたのですが、面白いですね、カーリング。
ユニホームをもうちょっとカワイくしたら、もっと人気でそうだなーとか、ミーハーなバカ発言を繰り返しながら観戦しています。

トリノと言えば、おおとり神社が有名ですね。とかいうネタを思いついたのですが、時期がずれ過ぎて使えませんでした。と、言いつつ使ってみます。

さくらくらさんおすすめの、サイキルパというカレー屋さんに行ってきました。
小さなお店ながら、あの味とボリュームであの値段とは驚きです。
店のカウンター席には、ヌシっぽいオバサンのお客さんがいて、なんだかしきりに話しかけてきます。小心なウチの子などは、オバサンのガハハ的笑い声に早くもビビってます。ボクも独身の時はこーゆーノリの人苦手だったのですが、近頃は一緒になってガハハと笑うようになってきました。大人になったなーと思うのと同時に、歳取ったなーとも思う瞬間です。
一番辛いマトンカレーを頼みました。うまいなー。肉もよく下処理してある感じで、旨さを殺さない程度のクセだけを残していました。
ボクは辛いカレーが好きなのですが、ちょっとキモイくらい汗をかくので、なんだかヤセ我慢してる人みたいで毎度のことながら恥ずかしいです。

そうそう、人の口癖って、気になりだすとキリがないですね。(こーゆー話題転換の仕方をリアルですると、ほんとに脳腐りだと思われるから要注意だぞっ☆)

ウチの会社の社長は、会った当初「ちゅうかさー」が口癖でした。
もう、半分くらいの割合で発言の先頭についてきます。
お前はどんだけ否定派なんだと、問いつめたい思いもありますが、それよりラーメンが食べたくなることに閉口しました。

彼の最近のフェイバリット口癖は「ゲロ吐きそう」です。
もう、妊婦も逃げ出す程えずきまくりです。
あ、えなりかずきって、略すとえずきですね。

なんだか、とてもシンドイということを表現したいらしいのですが

「前を歩いていた奴がくわえタバコしやがって、煙たくてゲロ吐きそう」

とか

「財布なくしちゃって手続きとかでゲロ吐きそう」

とか

「引っ越し前日なのに1箱もダンボールに荷物詰めてなくてゲロ吐きそう」

とか言われても、もらいゲロするわけにもいかず、非常に困惑します。

そのうち

「う○こしようとしたら、使用中でゲロ吐きそう」

とか言い出しそうです。

さすがにツッコむと思います。お前はどっちからアウトプットしたいんだと。
問題は吐しゃ表現にもありますが、最大の違和感は汎用性を無視した使用法が原因なのでしょう。

例えば

「いやー、カエルのフルコース食べ過ぎてさーケロ吐きそうだよ」

とか

「いやー、近海マグロが大漁でさー。トロ吐きそうだよ」

とかなら、ごく自然な会話ですよね。

・・・。

ごく自然な会話ですよね?

用法、用量をきちんと守って使って欲しいものです。(オチなし)



続きを読む
posted by なりっと at 23:09| 東京 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

如月

光を浴びて冷たく輝く純白の世界は照らし続ける

動なる時を待ち詫びて照らし続ける

全ての者をひそやかに
全ての物を清らかに
全ての事を静謐に

其の様たるや将に

月の如し
posted by なりっと at 23:04| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 独りうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

蛇使い座がありなら猫年もアリかも

毎日が送りバント-「TBでボケましょう2006第1回お題発表!」へのトラックバックです。


【第1回お題】
『2006年、今年は戌年です。
犬と猫、これほど大昔から馴染みのある動物なのにいくら待っても猫年はやってきません。
干支を決める時、神様が伝えた日にちを一日遅くネズミが猫に教えたため、猫は干支順番競争に間に合わなかったらしいですね。
で、それからというもの猫はネズミを追いかけるようになった・・・とか。これが一般的な説。
んが!違うのですよ、本当は。
猫が干支に入っていない本当の理由は・・・・・!!』 




「今夜はこれを読んでください」

「なになに”正義と嫉妬の経済学”?これはもうちょっとオトナになってからにしなさい。4歳児には早すぎ」

「えー、興味あるのに。特に嫉妬に。じゃあ、これで」

「昔々、あるところに鼠と猫と猪がいました。3匹はとても仲が良く、どこへ行くのもいつでも一緒でした。
そう、あの事件が起きる前までは――」



――7日前――

ドタタタタタッ!

「おーい、ネズ太、すごいニュース」

「相変わらず騒々しいな、なんだい?シシ男?」

「なんかさ、神様が十二支っていうのを決めるんだって」

「十二支?」

「1週間後の今日の朝日が昇ってから、山の頂上に早くついた12番目までの動物に、それからの1年間を交代で任してくれる称号”干支”が与えられるんだってさ。干支が与えられた動物には副賞としてなんでも願いを一つだけ叶えてくれるんだって」

「そりゃすごいね」

「オレはきっと十二支の内に入って、そしてオレの年にはシシ鍋は禁止にする」

「あんまり普通の1年とかわらない年だよね」

「それと、副賞で神様にニャン子との結婚を認めてもらって、ニャン子にプロポリスする!」

「元気になっちゃうじゃんか。プロポーズだろ?ってゆーか、今まで3匹で仲良くやってきたじゃないか」

「でもやっぱりニャン子が好きなんだ」

「ニャン子だってそんなの受け入れるはずないよ」

「それでもいいさ。オレは真っ直ぐに気持ちを伝えるだけだ」

「・・・わかったよ。僕もシシ男とニャン子のこと応援するよ。でも、これからも僕たち、ずっと友達だよな?」

「もちろんさ。そろそろオレは行くよ。ニャン子にあげる婚約肉球輪を買いに行かなきゃ」

「ああ、じゃあな」

ドタタタタタッ!



――大会3日前――


「ねえ、聞いた?十二支の話」

「聞いたよ。シシ男も出場するらしいよ」

「そっかあ。じゃあ私も出ようかな」

「ニャン子の年は何をするんだい?」

「カルカン全品半額にするわ」

「まっしぐらだね」

「もう一つまっしぐらなことがあるの」

「なんだい?」

「私、副賞で神様にシシ男との結婚をお願いするわ」

「!・・・そうか。頑張れよ」

「ありがとう。あ、私そろそろ行くね。お料理の勉強しなきゃ」

「シシ男は料理のできる娘が好きだからなあ。何を作るんだい?」

「鍋」

「そいつは止めておいたほうがいいんじゃないかな」



――前日――

「ニャン子とシシ男が十二支に入れることを願って・・・」

「「「かんぱーい」」」

「いよいよ明日だね」

「緊張するね。ニャン子、あのさ、もしオレが十二支に入れたら、聞いて欲しいことがあるんだ」

「実は私もあるの。お互い楽しみね」

「ニャン子とシシ男にプレゼントがあるんだ。はい、これ。モンプチ」

「わー、しかもゴールドだ。高かったんじゃない?」

「うまいよ。これ。ありがとうな。ネズ太」

「いいって。これ食べて明日は頑張ってくれよ」

「本当にありがとう。私、明日がんばZzzzzzz」

「どうした?ニャン子?あれ、オレもなんだか眠くなZzzzzzzz」

「・・・さて、そろそろ行くか。ごめんな。でもこれで僕が十二支に選ばれればこの3人の関係もずっと続くんだ」



はあはあはあ。

「やったー。一番だこれで3人の仲も元通りだ。神様。僕の願いは僕とシシ男とニャン子が3人でいつまでも仲良く暮らすことです」


ドタタタタタッ!

「このガサツな蹄の音は、まさか」

「俺達の恋路を邪魔しやがって」

「シシ男!お前も間に合ったのか」

「残念だったな。神様。オレとニャン子の結婚を認めて下さい」

「2つの相反する願いは何が起こるかわかんないんだよなー。どーしよーかなー。まいっかあ。えい!」


ぴかー


「うっ、眩しい・・・・・一体どうなったんだ」

「ネズ太!」

「ニャン子!」

「好きよ」

「まさか、オレの願いがネズ太のものになっちゃったのか?」

「そんな。じゃあ、僕の願いは」

「ネズ太、とっても好きよ。おいしそうで」

「へ?うわー。助けてくれー」



「〜でしたとさ。めでたしめでたし。だから猫は干支にいないんだよ」

「めでたくないと思うんですが。それより、女1の男2のグループで一人が薬を使うって、ドリカ」

「うわー、何言ってんだ。早く寝なさい」


■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



敗者の弁
タグ:トラボケ
posted by なりっと at 14:20| 東京 🌁| Comment(34) | TrackBack(1) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

記録生活第204回

ボクの足は匂いこそバラなのですが、サイズが小さいのが欠点です。

靴を買うとき、気に入った靴があると、自分のサイズの靴を出してもらいますよね?
ボクの場合、その時すでに半分位の確率で合う靴がありません。

どうも25センチというのが標準的なサイズの最小値らしく、24〜24.5センチのボクは、お店の人に半笑いで「これ以下のサイズはちょっと・・・」とか言われます。

それでもめげずになんとか合うサイズの探し出すと、今度は横が入りません。なぜだか横幅は妙に広いみたいです。
ここでさらに半分の購入候補が消えます。

従ってボクが購入までに至る靴は試着を試みた靴の半分の半分しかありません。
なので、普通にサイズとか気にしない人が靴をゲットするまでの試着数の倍の倍だけ試着しなければいけません。

厳密に言うと全然違うのですが、まあ、そういうことにしといて下さい。

で、先日靴を買いに行きました。

4倍試着したかというと、全然そんなことはなく、1発で決めました。2足とも。(前フリ台無し。

その内の1足なんか、試着しただけで足の内側にアザができました。

だって面倒くさいんだもん。

そんなわけで、纏足な感じで足が朝からずっと熱いです。今、帰りの電車の中でこれを書いているのですが、足の甲が耐えがたい程痛くなってきました。

ほんと、規格外な足で靴選びに苦労します(選んでないけど)。匂いこそバラなのですがね。


続きを読む
posted by なりっと at 06:41| 東京 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

握りしめる銃把

憎しみの激鉄上げ、怒りの弾丸を放つ。

其の銃口は何処を向いているのか。

虚ろな瞳はなにも映してはいない。

見知らぬ誰か。
人ですらない何か。
物ですらない存在。

照準越しに見える瞳は、やはり照準越しのこちらの瞳を映しているのだ。

涙で弾丸がしけってしまえば、いい

そんな優しい雨が降ればいい
posted by なりっと at 06:35| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 独りうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

うおーみんぐあっぷ

「最近は怖いよね」

「なにが?」

「地震雷火事親父」

「最近の親父はあんまり怖くないんじゃないかな」

「親父狩りとか」

「あ、怖がってるほうね。しかも古いなー」

「親父(仮)とかも怖い」

「別の意味でね。ってかやめなよ」

「親父カリーだとうまそう」

「ああ、こだわりの味って気はするね」

「でもちょっと過齢臭が」

「ひどいダジャレだね。怖くもあるけど」

「あと地震は怖い」

「最近多いよね。やっぱりそろそろくるのかな」

「だからこの間の事件は驚いた」

「あー、ほんと許せないよね。人命をなんだと思ってるんだ」

「神様は見てるんだぞ!」

「うわ、急に怒りだしたね。変な方向に」

「今後の展開が気がかりだよ。あの泰神京都尼僧問題は」

「知らないよそんな問題」

「もう尼さんだらけ」

「問題起こさなさそうじゃん」

「ポロリもある」

「怒られるよ」

「頭丸めて出直したほうがいい」

「あれ以上丸められないよ」

「カツラだしね」

「やっぱりそっちの問題か」


猛者ども
posted by なりっと at 23:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第203回

バレンタインデーと言えばなんだと思います?

チョコ?
恋愛?

いえいえ、やっぱりカレーでしょう。

確か、「チョコもいいけどカレーもね」なんて格言もありますし。
まさにキングオブバレンタイン。

つーことで久しぶりにカレーを食べてきました。

職場が変わってからおいしいカレー屋さんに出会えず、すっかりカレー難民でした。

ほんとは押上(ローカルだなー)にあるスパイスカフェに行きたかったのですが、今月一杯休業中なんですって。

仕方がないので、小岩(またもやローカル)のトプカに行ってきました。

久しぶりに食べると辛いです。でもうまい。淡路町の本店のほうがうまいけど。

全く甘くないバレンタインデーを堪能していると、ショックな事実が発覚しました。

ボクはジャニーズなので、毎年チョコはトラックで届けられるのですが、今年はちょっと少なくてトラック3台と1個でした。
そしたらなんとyuuは3台と2個貰っていたのです。

さすがのボクも世代交代の波には勝てません。
つーか、ツマもくれなかったんですけど。

チョコといえば、小霞さんがカカオ99%のチョコがあると言っておられたのですが、チョコって、カカオになんかが足されて初めてチョコと呼ばれるのですよね?カカオ99%はもはやカカオなのでは?あ、残りの1%でもなんか入ってるならいいのか。ギリギリで。

まさにギリチョコ(これが言いたかった)


画歌人中野玉子さんに素敵な短歌を頂いたので、僭越ながらお返し。

あの頃の熱々過ぎて溶けた愛醒まして戻す結婚生活 (九里なのし)


続きを読む
タグ:ドヘタンカ
posted by なりっと at 23:30| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

2006年02月10日

あぶないけいじ

お父さんがあぶない刑事の街、横浜に勤めることになりました。

銀正会にさらわれないか心配ですが、浅野温子に会えるならそれもありかもしれません。ダブル浅野のメンバーですからね。もう一人は誰でしたっけ?忠信?内匠頭?
まあ、どうでもいいや。yuuです。こんばんは。

横浜と言えばあれですね。異名。

毎日東京を横断することになってプチ労働拒否な彼のために喜んで会社行きたくなるニックネームを付けてあげようと思います。

なんて親孝行な4才児なんでしょう。働いてもらわないとムシキングカードの供給が危ぶまれるからという、打算を差し引いても偉すぎます。

さて、前置きが無駄に長くなりました。
やはり頭には「ハマの」をつけたいですね。もう、これがなきゃ嘘です。

つーことで考えてみました。

ハマのカレー食い
ハマの汗っかき
ハマのちっさいおっさん

うーん、イマイチ。じゃあもっと端的に、

ハマのバカ
ハマのアレ

出社拒否確実です。
じゃあ、人名とかつけて、

ハマのブラットピット
ハマの真田広之

ジャロに怒られそうです。じゃあ、動物に例えて

ハマの狼
ハマの虎
ハマの狐

保健所に捕まりそうです。虎なんか横浜ファンなんだか阪神ファンなんだか。

・・・はあ。飽きました。あんま面白くなりませんでしたね。

いいニックネームを思いついた方は、ここまで(胸の辺りのテロップが出ているであろう所を指さして)

あ、お父さん。
絵本を読むときに1ページ目で無理矢理「〜でしたとさ。めでたしめでたし」で締めないで下さいよ。なんぼなんでも分かりますよ。ナメてんですか?
posted by なりっと at 22:50| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | コドモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もてるおとこはつらいね

移動動物園-「バレンタイン企画 【恋愛物語 U】」へトラックバックです。

よいしょ
よいしょ

いっぱいこぼしちゃった

てもぜったいおいしいはず

だいせいこうってやつね

あしたはすきなこに
あまあいちょこを
あげるひ

なんだって

だから

たべるのをがまんして
だいすきな
だいすきなちょこに

さとうと

はちみつと

じゃむと

あめと

くっきーと

じゅーすと


あと

あと


あんこと

あいすと

ぱぱが「これは甘口だな」っていってた
おさけもいれたんだから

でも

「あいじょー」がみつからないの

ままがこれをたくさんいれると
あまくなるっておしえてくれたのに

いつもいれてるんだって「あいじょー」

どこにしまったのかな「あいじょー」

あれ

ちっともかたくなんないや

こっぷにいれればいいか

ところでゆせんってなんだろ

おふろのことかな

わかんないけどまあいっか

あしたはすきなこに

ちょこをあげるひ

yuuくんもくれるかなあ

ちょこ

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼【恋愛物語 U】▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

      バレンタインに先駆けて手作りチョコを作る前に
      心の物語を書いてみませんか?

      ルールは『創作であること』
            『恋愛ものであること』だけです。
      書きたいことを書きたいように書いてください。

      期限は2月14日まで (テケトー)

      トラバ先:http://zoobee.exblog.jp/4028709/

      ※どなたでも参加いただけるようにこのテンプレ
       を文末にコピペしてください。

       企画元:移動動物園 http://zoobee.exblog.jp/
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△


ガチャ


「あ、まま。あいじょーがないの」


「!」

「ちょっとこんなに散らかして何やって...(以下略)」
posted by なりっと at 00:26| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第202回

新しい勤め先の近くに、ボクの大好きなクロワッサンをとてもおいしく焼くパン屋さんを発見しました。

うれしくて毎日買いに行ってたら、昨日の売れ残りのパンをくれるようになりました。

今朝はクロワッサンの他に手のひらに収まらないくらいの大きいチーズパンを買いました。
さらにクリームパンをもらいました。

クロワッサンとチーズパンだけで死ぬ程苦しかったです。クリームパンは残しちゃいました。げふー。

そしたら保険のセールスの人がやってきて、クリームパンを置いていきました。

シンクロニシティって言います?

なんかあれですかね。クリームパンを人にあげるの流行ってるんですかね。

とりあえず残業し過ぎてあったまったクリームパンが心配です。

あー、そーいえば、クロワッサンって全然黒くないですよね。正確に言うと、チャワッサンですね。

あ、語尾にワッサンつけるとどうですかね。おいしそうですかね。思いつきって良い言葉ですよね。

んじゃ、今日はこの辺で失礼するワッサン。
続きを読む
posted by なりっと at 00:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

記録生活第201回

夢の中でよく間違われる有名人ベスト1の真田広之がブルーリボン賞を受賞したらしいですね。
なんでも通算3度目だとか。

実はボクと彼の接点は夢の中で顔だけではありません。

ボクも先日受賞しちゃいました。

ボクの場合、名前が少し違います。
あ、言っておきますが、レッドリボンではないですよ。

その名も高き

インフルエンザウイルス。

1年ぶり3度目の受賞です。

誰以来の快挙か知りませんが、とりあえず行ってきましたよ。病院。

ちょっとかわいい看護婦さん(あ、看護士さんだっけ?)に鼻の穴から綿棒の親玉みたいなのを奥まで突っ込まれましたが、んなことかまっちゃいられません。こちとら、無意識に「うー」とか「あ、死ぬかも」とか小さい声でつぶやき始めてんですからね。

まあそんな羞恥プレイを上気した頬で(熱あるからね)耐えた後、検査結果と共に返ってきた答えがこれです。

「んー、発熱から間もないからまだ反応出ないけど、絶対インフルエンザだから、インフルエンザの薬飲んどいて」

・・・だったら検査しなくてもよくね?

腑には全く落ちませんでしたけど、なんかしら飲まなきゃマジ死ぬっぽかったんで、とりあえず飲んだら治りました。(4日くらいで)

つーことでインフルエンザウィルス受賞決定。

しかしあの医者は前もアレだったからな。
そろそろ身の危険を感じます。

復活したんで、これからぐわしぐわしと巡回するぜ!と、言いたいところですが、今日会社行ったら、休み前の仕事が手つかずで残ってやんの。
うはー、こりゃ、テンションあがるだろうか。(反語)

続きを読む
posted by なりっと at 23:43| 東京 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

生きとし生けるもの全てにアンケート

日刊エキブロ新聞で100人アンケート企画をやってます。

この企画、1ヶ月近くかかってます。担当者としてボクも名前を載せてもらってますが、ホントはボクあんまりなにもしてないんです。

もう一人の担当者そふぃあさんを始めとする、強力エキブロ新聞記者陣が総力を挙げて作り上げました。
全ての人に楽しめるような企画です。

エキブロガーの方も、
違うブログサーバーの方も、
ブロガーではない方も、
音楽好きな方も、
そうでもない方も、
お父さんも、
お母さんも、
おばあちゃんも、
おじいちゃんも、
タマも、
ポチも、
アメンボも、
オケラも、
ミジンコも、
ゴルジ体も、

みんな奮って参加して下さいませ。ませ。
posted by なりっと at 22:49| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エキサイトバリヤー

「目標を捕捉!」

・・・

「なにをしている!早くしろっ!足切りされたいのか!」

「すみません。テンプレを熟読していました」

「バカ者!テンプレなんか書き終わった後に読めばいいんだ!」

「そんなこと言ってると怒られますよ。それに、毎回微妙にお題からずれてて軽くヘコむの隊長じゃないですか」

「発射準備!」

カタカタカタカタ・・・

「後、推敲してリンク貼れば完成です」

「ばかやろう!タイトルが決まってれば内容なんか後で変えちまえばいいんだ!リンクなんかこの際後にしろ!」

「出入り禁止になりますよ。これで完成です」

「重複して打てっ!」

「いや、駄目ですよ。クリックを連打しないようにっと」

カチッ

「やったか?」

「隊長、どうもエキサイト以外からのTBは、跳ね返されるみたいですね」

「ぬう。バリアーか」

「スパム対策だと思います」

「なにを惚けているか!もっと強力なトラバを打つのだ」

「内容は関係ないと思いますし、ルールでは1人1作品みたいですよ」

「弾切れか」

「まあ、確かにネタ切れでもあります」

「撤退ぃ〜」


ボクにとっては、憧れの企画がついに再始動します。

近頃は創作を書くのに1週間くらいかかってしまうので、参加できるかは自信ないのですが、それよりもまず問題があります。

エキサイト以外からのトラバできないんですねー。URL指定で許可できるんでしょうか。できたとしても毎回開催地が変わるこの企画、開催地のブロガーさんにいちいちお願いするのも悪いしなー。

「こーゆートラバの仕方なら届く」みたいな裏技ありませんかね。
まあ、なんとかなるでしょ。
とにかく楽しみです。書くのも読むのも。

文章を書くのが好きな方、参加してみてはいかがですか?

楽しいはずです。きっと世界が広がります。ボクはそんな期待を胸に初参加を目論んでます。

posted by なりっと at 22:33| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピックアップブロガーヤンボル師匠に捧ぐ

さすが

彼女の漫画を観るとこう思います。

最近はなかなかその機会に恵まれず、寂しくもありますが、彼女の文章を読んだときもこう思います。

さすが。と。


基本ツッコミ体質なボクではありますが、そのあまりにツッコミ所満載な表現にどこから手を付けてよいのやらと、途方にくれます。

狙ってできることではありません。
でも天然だけでもきっと無理です。

計算と天然の絶妙のバランスとでもいうのでしょうか。
きっと、北海道の広大な大地と、名前が決まったかどうかわからない自転車にその秘密がありそうです。

少しでも興味を持った方がいましたら、だまされたと思って一度覗いてみて下さい。
絶対後悔しませんから。

ボクが「絶対」なんて、滅多に使いませんよ?
熊夫婦 by中央ヤンボル

前のブログから全部観てます。ファンです。熊ですけど。

ボクのことまで紹介してもらっちゃって、もう、なんというか、焦りました。
ありがとうごさいます。

引っ越しかあ・・・。
posted by なりっと at 22:29| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。