2006年05月25日

エキブロ新聞からのファイナルアンサー

商店街にて―

「ままー、お店に貼ってある紙、なんて読むのー?」

「臨時休業って書いてあるのよ」

「りんちきゅうきゅう?どういう意味ー?」

「お店をお休みしますって意味よ」

「ふーん。今日はみーんなお休みだね。なんでー?」

「それはね」



銀座プランタン宝くじ前売り場にて―

「号外〜、号外〜」



首相官邸にて―

ぷるるるる、ぷるるるる

ガチャ

「もしもし。なんだって?総理!大変です」



ホワイトハウスにて―

PurrrrrPurrrrr

ガチャ

「ペラペーラ、ペラペーラ?ペラーペラ!ペッペラペーラ」



宇宙のどこかの星にて―

「♂▼£∞Θ※■∋◎!」

「Å!±★△?」



お茶の間にて―

「番組の途中ですが、ここで臨時ニュースです。
あの、空前のスケールとクオリティで創刊以来ブロガー達の羅針盤となってきた、
日刊エキブロ新聞が前向きな廃刊をすることに決定しました。編集長の小栗番頭氏は―」

「只では辞めねーぜ!」

「と、今後の展開を示唆するような発言を繰り返しております」






と、言うことで、エキブロ新聞は後夜祭を迎えました。

マジで最後。
行動しなかった時の後悔ほど嫌なものはありませんよ?

まずは「後夜祭もくじ」をご覧下さい。

どなたでも参加できます。
完全バリアフリーでお待ちしています。


posted by なりっと at 22:29| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回トラバでボケましょう総評

***お題***
今回は状況設定をなくして、出来るだけ自由に書いて欲しくてこのお題にしました。
その甲斐もあってか、本当にユニークな作品が多かったと思います。
お題的にもそうですが、ボケなくても優勝できるよと言ったことが影響してか、しっとりと泣かせる作品が多かったようにも思います。
休日の雨音聞こえる部屋で読むには、ぴったりの大会だったと思います。

そして作品はボクの大好物が集まりました。

しかし、笑いあってのトラボケという大前提を崩さないようにしようと考えるトラボケリアン達には逆に難しいお題だったと思います。


***平日開催***
平日の昼間がネットのコアタイムという方もいらっしゃると思います。
休日開催が多かったので、たまにはこんな大会があってもいいかなと思い、平日にしました。しかし、トラバの時間帯をみると圧倒的に夜なんですね。それも22時以降。
調査が足りませんでした。

***トラバ障害***
2回ありました。
お題発表と締切り間際。
致命的ですね。
1回目は完全にボクの失策です。出先だったので、携帯からの投稿だったのですが、更新が反映されるのがトップページだけで、コメントもトラバもできませんでした。
トップと記事ページを別々に更新するというSeesaaの仕様もありますが、ボクがPCの前に居ればなんの問題もなかったことを考えると、反省しきりです。
その他の障害に関しては、自分の他ブログからもテストして問題がないことを確認しているので、原因は分からないのですが、こんな過疎ブログに突然アクセスが集中したので、Seesaaがびっくりしたのかもしれません。

参加者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
本当にごめんなさい。

とはいえ、最終的には32作品(うち選考外7作品)もの作品が集まったのは、この企画の影響力としか言い様がありません。
皆様、本当にありがとうございました。


次回開催地は
Mein Tagebuch
でごさいます。

次回は参加表明をされているこの方も、戻ってきてくれたこの方も、沈黙し続けるこの方もきっと参戦されると予想します。
この方たちと作品を比べられるだけでも価値があると思います。

「参加することに意義がある!」の旗の元、皆様、是非ともご参加下さいませ。













てか、次回チャンプのRさん、PCがクラッシュした模様。
さあ、チャンプを助けて好感度UPだ!














ラベル:トラボケ
posted by なりっと at 02:30| 東京 🌁| Comment(28) | TrackBack(1) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回トラバでボケましょう参加外7作品講評

残念ながら選考外になってしまった作品ですが、どれもハイレベルな作品です。これらが参加していたら、選考はもっと難航したことでしょう。




名前を呼ぶ声。
〜lunatic tRip〜

「いたいねえ」の「ねえ」だけで、その登場人物の人柄が浮かび上がってくるような気がしませんか?ボクはしました。
また、第3回のお題もいいですね。
改行や字下げなど、古典的ですが、とても効果的な表現方法を駆使しています。勉強になります。

全員がゴールしたあとスタートを切る。
〜ダーサの遊園地 (魔猫)〜

この方の場合、ポールポジションを取らないこともボケになります。
さらに、ボケないこともボケになります。
書いててなんだか分かりませんが、トラボケ歴が長い方は分かるでしょう。
今回、それのみで勝負してくる(遅れちゃだめじゃない)かと思いきや、ちゃんと彼クオリティの作品をプレゼントしてくれました。なんだかとっても嬉しかったです。って、感想じゃん。

手紙
〜MS.POKERFACE〜

「涙」を使わないで涙を表現された意欲策です。
この方の文章はボクも大ファンで、しかも今回ど真ん中でした。まいった。普通に泣きました。
彼女の文章に泣かされるのは、確か今回で3回目です。(確かね
真骨頂とも言うべき作品ではないでしょうか。
aquiさんの写真とコラボして本出してください。

後悔
〜明日 晴れるといいな〜

忍耐とか、我慢とか、努力とか苦手です。苦手というか、全くできません。出来ないだけに、それらを実践してきた人に憧れます。崇拝と言ってもいいくらいです。
ですから、報いのない物語は必要以上に悲しくなります。
と、なんだか妙に感情移入してしまいました。短くまとめ切れた物語は、百万言を労するより胸に響きますね。


沖で待つ
〜世界が嫉妬する寺へ・・・・〜

いつも短編映画のような作品を紡ぐ彼の今回の作品はセピア色でした。
主人公がこんなに格好良く描かれているのに、全く違和感ありません。
もし、ボクが書いたら(そもそも書けませんが)「キモ!」とか思われること間違いなしです。
選考対象作品なら当然マイナス要素です。
「〜だが〜だ」と言う表現を重ねるシーンがあります。ボクもよく、「だが」「しかし」「が」「でも」とかを多用するのですが、ちょっと間違うと、自分で否定したことを否定してしまったりしてしまいます。彼の場合は、そんな低いハードルはとうにクリアしていて、大変読みやすく、すんなり映像化できました。むむ。

後になって始めに書いた部分だけ読みました。
綺麗に情景が切り取られていると思いましたが、やはりボクは完全版のほうが好みです。

こぼれるもの。
〜暇つぶしのウナギ御飯。〜

これ、同じ方が書いた物なのでしょうか。始めて読んだときはいつ落とすのかと、身体を硬直させて読んでしまいました。
北欧の静かな森の中を想像しました。皆さんは如何だったでしょうか。
まさに悲劇だと思いました。小さな劇場で観て見たいと思いました。
人物が素晴らしく写実的に描かれています。
2人の登場人物の関係も人柄も、もしかしたら人相までも感じることができました。
思い出と手で掬う水の話はなるほどなあと関心してしまいました。

涙が出ちゃう。
〜暇つぶしのウナギ御飯。〜

一昔前のドラマのように、婚姻届はゴミ出しのついでに行っておくよとか言ったのでしょうか。
なんだか懐かしいです。
あ、涙が。(ごしごし)

正直オチは分かってしまいました。
しかしながら、文節毎に注意深く読んで行くと、語彙選択の巧みさが分かってきます。


涙の泉
〜2+2=5〜

今回のお題にインスピレーションが沸いたとおっしゃって下さいました。出題者としては何よりです。
女性がどことなくポップでいいです。長いと言えば確かに長いですが、彼女の口調のおかげであっという間に終わってしまいました。
涙はつくるものかあ。そういう見方もあるなあ。と、相変わらず的外れなところで感心してしまいました。
あと、携帯電話は恋愛アイテムという気がしてなりません。

連載ものですし、かなりの意欲作です。続きの更新を期待したいです。


講評も終わり、いよいよ残すは
ラベル:トラボケ
posted by なりっと at 02:27| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回トラバでボケましょう参加全25作品講評

皆さん大変お待たせいたしました。本当に申し訳ありません。

ボクなりには頑張ったつもりですが、出来たものは結局、講評というか、読書感想文になってしまいました。
普段皆さんのところへ残しているコメントに毛が生えた程度とも言います。
これを読んで、もしお気を悪くされた方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。
まあ、プロ野球好きのおっさんが、出来もしないのにあれやこれやテレビに向かって言っているのと同じなので、引っ掛かる部分は聞き流して頂けると幸いです。

では、はじまりはじまりー。




まるで読書感想文
ラベル:トラボケ
posted by なりっと at 02:22| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒と泪と男と女と髭と坊主とそれから夢

「ねぇ、はなくそってあるじゃない?あれが涙でできてるって知ってた?」

その魅力的な唇から零れ落ちたとは、とても想像できない単語に僕はすっかり驚いてしまって、なんだか頭のおくのほうがじーんと痺れてなにも話せなくなった。

彼女の上がった口角と、まるで星の数が増えたようにきらきらと光る瞳。
まあつまり、してやったりのいたずら顔だ。

またやられた。

彼女の得意技だった。
急に普段は使わないような言葉で相手を驚かしてはあのしてやったりの顔。
引っ掛かるたびに今度こそ引っ掛かかるまいと、心に決めるのだけれど。

「目に入ったゴミと一緒に鼻に運ばれて渇いて固まったのが、あのはなかす」

さすがに2度も口にするのは憚られるらしい。

「じゃあ、目やにはどうなんですか?」

「はなかすにもなれなかった涙」

「じゃあ、流れる涙はなんです?」

「目やににもなれなかった目のゴミ」

「じゃあ、僕らはゴミを垂れ流して毎日を暮らしているんですか?」

「そうね。だってそうでしょ?」

澱みなく答える口調がとても思い付きだけで話しているとは思えないけど、彼女はいつだって思い付きだ。一年前の丁度今頃の陽気に、僕の決死の告白を受けた理由も思い付きだと言っていたし。

「はなくそと涙が一緒なんて、ロマンもなにもあったもんじゃないっすね」

「もともとないでしょ、涙にロマンなんか。あと君、一つ間違ってるわ」

「間違ってるって、何を?」
「涙とはなかすは一つだけ違うところがあるの」

そういう彼女はいつの間にかシリアスな表情を浮かべていた。それに気がついた僕はもう一段階、彼女のペースに嵌まっていく。もう、何段階目かも分からない。

「泣きたい時に我慢しないで泣けば涙、我慢するとはなかす。だからはなかすは強がりの涙が意地と一緒に固まったもの。だから汚いの」



そう言う彼女はやっぱり泣いていなかった。

何があるのか、何があったのか分からないけど、どんなときでも僕に出来ることはただひとつ。だから彼女への言葉もひとつ。



「僕があなたのはなくそを食べます。あなたがもう我慢しなくて良くなるまで。あなたがいつか涙を流せるまで。僕があなたのはなくそを食べ続けます」



「…お腹、こわすよ」

あの瞬間の彼女のきょとんした顔と、それからしばらく止まらなかった涙を眺めている時の僕の表情は想像できる。

そう、してやったりのいたずら顔だ。

ラベル:トラボケ
posted by なりっと at 02:16| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

トラバでぼけましょう2006第5回締切

予想通りというかなんというか・・・。
チャンプ発表はもう暫らくお待ち下さい。
楽しみにされている方(い、いるよね?)、申し訳ありません。


再三のトラブルにもめげずにたくさんの参加ありがとうございました。

コメント及びコメントレスは少し遅れますが、鋭意講評中ということでご容赦下さい。

優勝者発表と講評は来週のこのくらいの時間を目標にしています。

現在、当ブログにうっかりTBすると自動講評機能により、ありがたくない講評がついてきます。どうぞお気をつけて。


講評&結果発表を待つ間、至玉の参加作品たちをどうぞゆっくりご堪能下さい。


―――<<トラバでぼけましょう2006第5回参加作品一覧>>―――――――

1.聖女の涙
ぢぇみに のBlog [Evolution III](5)

2.どうして涙が出るの?
ばれたら妻に殺されるblog(3)

3.第5回TBでボケましょう2006
放浪猫の遊び場(3)

4.Re:トラボケ
2+2=5(5)

5.どうして涙が出るの?
La torre。(食い物ブログ化中)(5)

6.「涙の栓。」
Mein Tagebuch(2)

7.異形
エレガントかつ怠惰に生きる(3)

8.どうして涙が出るの?
良妻賢母(1)

9.課長特別変。トラバでぼけましょう2006・第5回。
雀ぶろ。(2)

10.どうして涙が出るの?
暇つぶしのウナギ御飯。(3)

11.何もかも中途半端な夜
宇宙のどこかの片隅で。(4)

12.こたえ
SOFIA_SS(3)

13.「赤ずきんさん」
ふぇいく。(3)

14.コートの中ではのろまな亀をねらえ!
やみくもバナナメロン(4)★

15.「背理法による、『涙はどうしても出てしまう』ことの証明」
Everything in Life is Only for Now(5)

16.トラバでぼけましょう2006・第5回
我笑(3)

17.どうして涙が出るの?
Bra-net(3)

18.涙のヒミツ
ドクター・ストップ 宿題が終わるまで(3)

19.乙女の祈り。
カツオくんは永遠の小学生。(5)

20.ただ泣きたくなる。
lunatic tRip(4)

21.計算。
A3ファイル(5)

22.鳥のまぶたは下に
スナバあそび(3)

23.「だって女のコなんだもん」
「しあわせな日々」より(3)

24.「センチメンタルサムライ」ライブレポ
毎日が送りバント(1)

25.涙はいらない
万人ニ旨イモノナシ(1)





―――<<選考外作品(随時追加中)>>―――――――――――――――

名前を呼ぶ声。
lunatic tRip(4)

全員がゴールしたあとスタートを切る。
ダーサの遊園地 (魔猫)(4)

手紙
MS.POKERFACE(3)★

後悔
明日 晴れるといいな(1)

沖で待つ
世界が嫉妬する寺へ・・・・(0)

こぼれるもの。
暇つぶしのウナギ御飯。(3)

涙が出ちゃう。
暇つぶしのウナギ御飯。(3)

涙の泉
2+2=5(5)


※1★は優勝ブログのため1回お休み
※2出場回数、リンク等間違ってるかもしれません。お気づきの方はお知らせ頂くとたすかります。
♪も〜い〜くつねると〜講評だ〜
ラベル:トラボケ
posted by なりっと at 23:23| 東京 ☁| Comment(15) | TrackBack(3) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

献(トじ)立は難しい2

「いらっしゃい」

「お肉下さい」

「牛、豚、鳥の他にも珍しい肉もあるよ」

「シビエ料理ですか。いいですね。何の肉があるんですか?」

「猪、鹿、蝶なんかお勧めだよ」

「花札じゃないですか。あ、そうだ。ラムとかありますか?」

「迷えるコ羊ね。ありますよ」

「迷えるは余計です。ではラムチョップを下さい」

「そうじゃないでしょ」

「え、すみません。って、なにがですか?」

「ラムちゃんはやっぱ電撃じゃないと」

「はあ」

「そして電撃といえば、ネットワーク」

「あの、お肉欲しいんですが」

「コロッケもあるよ」

「お肉屋さんのコロッケって美味しいんですよね」

「メンチキルコロッケとか」

「カツですね」

「もっと端っこ歩きなさいよ」

「全く似てないですけど、美川憲一の真似をするコロッケの真似ですよね?」

「ステーキとかどう?」

「たまには贅沢してみようかな」

「ウチの肉は飼育段階から贅沢だよ。まず餌が贅沢」

「テレビで見たことあります。ハーブとか食べさせたりするんですよね」

「もっと贅沢。最高級―」

「私より良い物食べてそうです」

「松坂牛を餌にする」

「共食いですよ」

「以外に食いが悪い」

「草食ですからね」

「お酒も飲ます」

「あ、それもテレビでやってましたワインとか飲むんですよね」

「ウチはシャンパンを飲む」

「凄いです。いい風味がつきそうです」

「ドンペリ入りましたー」

「俗っぽいですよ」

「ピンクでも?」

「余計酷いです」

「でも、せっかく育ててもいつか肉になるんだよね。可愛いわが子」

「ちょっと悲しいです。でも、私たち人間はそうやって生きていくのですね」

「可愛さ余って肉さ100倍美味しい」

「もういいです」

posted by なりっと at 23:19| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | たまには昔の話を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

献(トじ)立は難しい

「へい、らっしゃい!」

「魚下さい」

「いい子いるよ」

「いかがわしい店みたいですね。あの、刺身にしたいのですが」

「刺身にするなら、今日はゾウ、キリン、ライオン、ベンガルトラ、クマがいいね」

「ここは動物園ですか。魚を下さい」

「それなら、イルカとシャチが―」

「哺乳類ですよ」

「丸呑みしたカタクチイワシ」

「嫌です」

「骨まで柔らか」

「消化寸前じゃないですか」

「じゃあ、鯉は?」

「コイコクですか、いいですね」

「さっきまで上がってた―」

「さっき揚がったの間違いですよね」

「鯉のぼり」

「食べれませんよ」

「ヒゴイにする?」

「そういう問題じゃないです」

「お客さん、カキは?」

「大好きです」

「生ガキ、干しガキ、渋ガキ、糞ガキ、重火器があるよ」

「食べ物ですらないものも混じってますよ」

「おまんら、許さんぜよ!」

「なんですか。いきなり」

「麻宮カキ」

「サキね。古すぎます」

「そして栄養価も高く―」

「なんだか、あるあるっぽいですね」

「森のバターと言われてる」

「海のミルクですよ。さっきから、どれだけカキでボケるんですか」

「いやあ、カキ入れ時だし」

「使い方間違ってますよ」

「お客さん、カニは?」

「いいですね」

「特大のワタリガニが入ってるよ」

「わ、ほんと大きいですね。ハサミも立派です」

「刃渡り10センチはある」

「それ、ワタリガニのハサミに対して使う言葉じゃないですよ」

「卵もたくさん持ってるよ」

「すごい、はみだしてます。あれ?こんな形してましたっけ?」

「あ、それとびっこ」

「なに詰めてるんですか」

「結構大変だったよ」

「聞いてません」

「もしかしてタラコのほうがよかった?」

「詰めちゃだめなんですよ」

「だってオスは味気無いから」

「しかもオスなんだ。紛らわしい加工しないで下さい」

「どうしてもだめ?」

「そりゃそうでしょう」

「厳禁?」

「ひつこいですね。そうですよ」

「まさにカニ厳禁」

「そこ、どうしてカキとかけないんですか」

「カキとかけたら、いつまで経っても終わらないじゃん」

「意味が分かりません」

「だって書き(カキ)かけだから」

「やっぱり今日はお肉にします」


posted by なりっと at 23:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たまには昔の話を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハジかしいから電気は消して

しかし開催地が違うだけでここまでグダグダになるものですね。
参加作品の水準が高いことだけが唯一の救いです。
yuuですこんばんわ。

この前、コーカサスオオカブトの実物を見ました。
でかい。きもい。そして高い。3800円って・・・。

今日も父の携帯から発掘したイタいネタを紹介しよう思います。


ハジマニアという人々がいます。
彼らはとにかく端っこ好きです。

例えば電車。
ハジマニアは端っこの席が空いている時しか座りません。

例えばカステラ。
ハジマニアは剥した紙についている砂糖の結晶に目がありません。

例えばフランスパン。
ハジマニアは端っこの口を負傷する硬い部分をバリバリと美味しそうに食べます。

例えば合コン。
ハジマニアは前がかわいくない娘だろうと端っこの席に座ります。当然、上座も幹事席も関係ありません。

例えばノート。
ハジマニアはパラパラ漫画をこよなく愛します。

例えば消しゴム
ハジマニアは出来るだけ角を1片残しておきます。

例えばピザ。
ハジマニアはピザハットの生地の端っこにもチーズが入っているピザを嫌います。

例えば鉛筆。
ハジマニアは先っちょのちっさい消しゴムは緊急時以外は使いません。

例えばオセロ。
ハジマニア同士の対局は熾烈を極めます。

例えばドーナツ。
ハジマニアが考案した食べ物に間違いありません。

例えば映画。
ハジマニアは通路側を確保したがるあまり、見にくい席に座ったり、遅れて入ってきた人に前を横切られたりして映画をなかなか堪能できません。

例えば端噛み。
ハジマニアはどっちを食べていいか分からなくなります。

例えばとんかつ。
ハジマニアは衣がたくさんついた端っこが一番うまいと思っています。

例えばボーリング。
ハジマニアが苦手なスポーツです。

例えばトイレ。(小)
ハジマニアは真ん中で用を足そうとすると落ち着きません。


近頃の彼は質より量で勝負しています。
そして恐ろしいことに、この話オチがありません。
いくら春とは言え、あんまりです。
ハジマニアというより、恥(自分が)マニアですね。

あ、お父さん。最近ダジャレが多すぎませんか?
家での発言の3割はダジャレですよ。新手の虐待かと思いましたよ。
posted by なりっと at 23:14| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | コドモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

すいません!

携帯投稿でお題発表したのですが、どうもトラックバックできていないようです。

既に作品を書き上げている方はこの記事コメント欄にて投稿日時を申告してください。

申告した時間で参加受理します。

本当にご迷惑お掛けしました。

めげずに参加宜しくお願い致します。
posted by なりっと at 00:52| 東京 🌁| 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

第5回トラバでボケましょうお題..

けいたいようおだい

どうしてなみだがでるの


大変お待たせいたしました。

お題発表の前にボクの携帯にあるネタを大放出してヒンシュクを買い占めるのも一興ですが、夜道を一人で歩けなくなりそうなのでさっさと発表したいと思います。



トラバでぼけましょう2006・第5回お題

どうして涙が出るの?




参加締切は30TBつくか、5/12の22:00まで

では皆さん、
ボッケリータ(二枚舌で)ボッケリーノ(猫舌で)

■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ラベル:トラボケ
posted by なりっと at 22:06| 東京 🌁| Comment(61) | TrackBack(29) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めさすみません

image/statistic-2006-05-10T21:53:10-1.JPG
なりっとです
今、品川プリンスの最上階にいます。
社長につかまって、ボトルキープ山崎をこれでもかと呑みまくってます。

お題は予定通り発表します。
ラベル:トラボケ
posted by なりっと at 21:53| 東京 🌁| 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

4つのお報せ

ボクから皆様にお報せしたいことが4つあります。


【ジャンル問わず】
長いのも、短いのも、写真も、絵も、音も大歓迎です。
読書量が少ないせいか、好みのジャンルというのがありません。
王道を行くのもよし。
得意の形式で勝負するのもよし。
新境地に挑戦するのもよしです。


【評価方法について】
評価は基本的に加点法です。たまに「ボケられてない」とご自分の作品をお嘆きの方がおられますが、ボクが審査をする今回はボケの要素が入っていなくても優勝は可能です。
ただ、トラボケという企画である以上、いいボケは大きな加点の対象になると思います。
しかし、あまりガチガチに始めから指針を作らず、ボクがフラットに面白いと感じたものを選びたいと思っています。感覚で決められない時に審査基準に登場して貰いたいと思います。


【書き方について】
お題は無理に作品の先頭に持ってこなくて結構です。
ウチへのリンクの文言はなくても構いません。
ボクはこれらも込みで作品と考えます。ここでひと笑い取るなんてのもアリですし、トラバやコメントで参加作品かどうかはわかりますので、作品にそぐわないと思えば削って下さい。
但し、テンプレだけは付けて下さい。
後からでもいいので、是非付けて頂きたいです。


【都合が付きにくいという方へ】
平日開催という、暴挙に出て見ました。参加の意思はあるけど平日は忙しいという方、本当にすみません。
救済策と致しまして、前回のチャンプのマムさんのアイデアを拝借して、携帯電話での投稿も受け付けます。その際は、お題発表の記事にその旨を示すコメントを入れて下さい。
コメントの受付時刻を参加時刻とさせていただきます。
その時出来ましたら、正式なIDかURLを入れて頂けると助かります。

その他、こうしてくれたら参加しやすいみたいなご意見ありましたら、是非教えて下さい。できる限り対応したいと思います。

では、お題発表の5/10の22:00をお楽しみに。
いっちょ前に過去を振り返る
ラベル:トラボケ
posted by なりっと at 22:46| 東京 🌁| Comment(24) | TrackBack(2) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

たまには燕尾服もいいよね

な:「何度もこの記事やおめでとうコメントを読み返しては、潰れた連休で荒んだ心を癒しているなりっとです」

yuu:「父のいない間に表札の名前を自分のものと取り換えようか思案中のyuuです。
バイクが欲しいと言ったら、「バイクは15になってから盗め。そして走り出せ」とか父に言われました。今度言ったら家中の窓カラスを叩き割ろうと思います」

二人で:「皆様いかがお過ごしでしょうか」

な:「ちゃんぴょんになってしまいました」

yuu:「まさに快挙です。二岡の2打席連続満塁ホームランより驚きです」

な「さて、早速ですが次のお題ですが」

yuu:「このうすらとんかちっ!」

な:「痛ったー、安全靴履いて頸動脈蹴らないでよ」

yuu:「このままお題をださなければ、永遠にチャンプに君臨出来るじゃないですか」

な:「それ、エキブロを出入り禁止にされちゃうよ。あそこには企画主のこの人とか、近頃なかなか姿を表さないこの人とか、裏社会のそのまた裏で蠢くお兄さん達がいるんだから」

yuu:「裏社会の裏って表じゃん。でもまあ、お題を出さなかったら、確かに八つ裂きになっちゃいますね」

な:「ね。はい、では皆様メモのご用意を。そうそう、るかさんナイスです。ボクからのお題はズバリ」





























裏返しちゃダ・メ(はあと)





















な:「あのー、突っ込んでくれないと・・・」

yuu:「あ!この甲斐性なしの万年泥酔い野郎っ!」

な:「痛ったー、包丁の柄で鼻の下小突かないでよ」

yuu:「お題は告知の後です」

な:「そうでした。えー、毎週週末に発表されているお題ですが、州の真ん中水曜日あたりにしたいと思います」

yuu:「週ですね。おお、さすが平日ブロガー。でも、参加者の皆さんは週末のほうがいいのでは?」

な:「うーん。週末にして欲しいという意見が多かったらそうするかも」

yuu:「なんだよ。優柔不断な粗大ゴミだなあ」

な:「粗大・・・。まあ、参加しやすいほうがいいからね」

yuu:「では」

な:「うん。第5回トラバでボケましょうお題発表は」

二人で:「5月10日の22:00(暫定)で!」

な:「GO TO トラボケと憶えてください」

yuu:「昭和の匂いがする語呂合わせですね。実は一見この無意味に見えるような記事もアナグラムするとお題が浮かび―」

な:「上がってきませんからね。マジで」



ラベル:トラボケ
posted by なりっと at 06:50| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。