2006年10月17日

不思議なことなど何もありはしないのだよ

毎日が送りバントで絶賛開催中の「第1回ブログすごろく」参加記事です。

今回のお題
〜< 36.1日休み(休み明けはフリーお題)>〜

お題フリーってことでこれにしました。
〜< 31.不思議体験談 >〜

お得か迷惑かは微妙なところですが、今日は3本構成です。
なんかアレげですが、ノンフィクションです。


〜実はラッパーだった独身時代〜
怖がりなクセに霊感とか全く信じないボクですが、今にして思うと、独りで家にいるときにやけに騒々しかったです。
なんか、パキッとか、ミシッとかいう音をよく聞いていました。
引っ越しの多かった家でしたが、そのどの家でも頻繁にその音は聞こえていました。
一度など、部屋に置いていた酒瓶が、夜中に勝手に割れて明け方にあまりの酒臭さに起きたこともありました。



〜白いちゃうちゃう〜
小学生の頃に、家で友人とゲームをしていた時のことです。

ボクと友人はふっと、ぴったり同じタイミングで窓の外を見ました。
その視線の先には白いモップの先っぽみたいなもふもふしたモノがいました。

「ああ、なんだか白いちゃうちゃうみたいなのが塀の上にいるなあ」

そう思ったのを覚えています。友人もそう思ったそうです。

数秒ほどその白いちゃうちゃう(らしきもの)を眺めていると、その白いちゃうちゃう(らしきもの)は、ひょいと塀の向こう側に消えてしまいました。
ボクと友人は特になんのリアクションも起こさず、またゲームの画面に集中しだしました。
で、ゲームも一段落ついたあと、友人が、

「さっきのあれ、なんだろ」

と。

改めて塀を見ても、白いちゃうちゃうは当たり前のようにそこにはいませんでした。
でもボクは怖がりなクセに霊感とか全く信じてません。



〜父のテレパシイ〜
ボクは小学校2年生の時、学童に通っていました。
当時から既に学校の類が苦手だったボクは、学校帰りにまた学校に行かされているような気分がして、学童が嫌で嫌で仕方ありませんでした。
ですから、ちょくちょくサボっては、誰もいない自宅のマンションの周りで遊んでいました。

事件はそんな時に起こりました。

道路で全力疾走して転んだボクは、なぜか顔からアスファルトに着地して、顔中擦り傷だらけになってしまいました。
大泣きしているボクを、マンションの管理人さんが見つけて父の職場に連絡してくれたのですが、父は不在で連絡が取れません。

でも、父は程なくして管理人室のドアの前に立っていました。
携帯もポケベルも普及していない時代の話です。

大人になってあの日のことを父に尋ねると、

「駅のホームで電車を待っていたら、おまえが泣いていると思った」

と、幾度聞いても少し誇らしげにそう答えるばかりで、ちっとも教えてくれません。

■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
過去記事
〜< 00.参加表明 >〜
〜< 09.もしも、100万円を自由に使えたら >〜
〜< 12.気になって気になって仕方のないこと >〜
〜< 20.オフ会 >〜
〜< 28.青春の汗と涙 >〜
posted by なりっと at 02:07| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次は
43.俺哲学
ですか。うむむ。

しかし大きな目がでます。
あ、明日は多分休みです。なぜかって?
代休が取れたから。うふ。
Posted by なりっと at 2006年10月17日 02:11
なるほど〜。
電車を待ってたら、サボりたくなったのですね^^(違
Posted by sofia-ss at 2006年10月17日 12:27
へぇ〜。
結構いろいろな不思議体験してますね。
じゃ、なりっとさんといれば不思議な事が体験出来る?
・・・そんなオフ会とかどうでしょう。
Posted by バント at 2006年10月17日 23:09
そういう血筋なんですね。
高尾の山をかけたり、滝に打たれたらひょっとしてひょっとするかも?
Posted by yuki at 2006年10月18日 09:18
なりっとさん、体にチップが埋め込まれてませんか?
Posted by こづつみ at 2006年10月18日 19:32
ちょっといい話じゃないですか!
お父さんって、すごい。
Posted by mami-lune at 2006年10月19日 00:25
>そふぃさん
あ、そうかも。なるほどー。
父は当時元旦以外休まなかった男なので、そういう発想に結びつきませんでした。
そんな時もありますよね。
Posted by なりっと at 2006年10月19日 01:49
>バントさん
昔、夜中に廃墟になった病院とかを回るという、頭の弱い遊びもしてました。
でもね、すげ怖がりです。
Posted by なりっと at 2006年10月19日 01:51
>ゆきさん
うーむ。どうでしょうか。
それ以外は金縛りにあったこともないし、全くそういった体験はしていないと思っているのですが。
あ、でも滝には打たれてみたいです。暖かい時に。
Posted by なりっと at 2006年10月19日 01:52
>おやびん
あ、なんで知ってるんですか?
実は、ぬんxごばwgxbugfうwl(なんか電流流されたらしい
Posted by なりっと at 2006年10月19日 01:53
>まみるん
>ちょっといい話じゃないですか!
ありがとうございます。ボクもそう思います。

でも、なんでみんな「ちゃうちゃうちゃうんちゃう?」とか言ってくれないのでしょうか。
それが不満です。
Posted by なりっと at 2006年10月19日 01:55

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。