2007年02月15日

肴代わりのミートソース

日の高いうちからお酒を飲み始めると、白い目で見られがちですが、料理をしながらだと、なんとなく怒られません。
先日も飲むために何か時間のかかる煮込み料理はないものかと、冷蔵庫を物色していたら、セロリと挽き肉が出てきました。
さらに、先日ずっと欲しかった竹べらも購入しました。

よし、今日はこれで呑もう。と、いうことでミートソースです。

【 材料 】
挽き肉:500g
セロリ:1/2本
ニンジン:1/2本
タマネギ:2個
ホールトマト:800ml
オリーブオイル
ローリエ:2枚
ナツメグ:小匙1
塩:適量
コショウ:適量


1.セロリとニンジンとタマネギを微塵切りにする。
セロリは切る前に包丁の腹で叩くと香りがよい。

2.大目のオリーブオイルで野菜を揚げるように弱火で炒める。
野菜はあまり掻き混ぜないほうが、旨味が出るらしい。

3.野菜全体に焦げ目がつくほど炒めたら、ナツメグを混ぜた挽き肉とローリエを入れる。
パンの鍋はだをこそげとるように強めの中火で肉に火を通す。肉は極力掻き混ぜないようにすると、最後まで肉の食感を損なわない。

4.焦げ目色が肉全体に行き渡ったら、赤ワインを入れる。
ちゃんとアルコールを飛ばせばフランベする必要はないです。

5.赤ワインのアルコールが飛んだら、よく潰したホールトマトと塩を入れ、弱めの中火でことこと煮込む。
この塩はトマトの甘みを引き立たせるためなので、味が変わるほど入れちゃだめです。パラっと一振り。
あ、あと、トマトの皮は煮込むと苦いので取り除いたほうがよいです。

6.40分くらい煮込んだら、火を止めて冷ます。
冷ますと肉から染み出した旨味が野菜の旨味をプラスして肉に戻ってくるそうです。
翌日食べるのがベストかな。

7.食べる分だけ温め直して、塩と挽いた黒コショウで味を整えて完成。
挽きたての黒コショウでもう一段おいしくなります。

沢山作ったほうがうまくいきます。
余った分は小分けにして冷凍しておくといいです。

あ、↓はこのミートソースで作ったボロネーゼです。うめえよ。
(全く美味しそうに見えないのは仕様です)
boro.JPG
posted by なりっと at 22:02| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | キッチンドリンカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起き抜けマシンガントーク

ラーメン食べてたら、B組のカエデちゃん(自分もB組なのに)がラーメン食べてて、穴が開いたの。すげぇ面白かった。
そしておばけと戦いにいったんだ。怖かったー。でも小さいおばけだったから簡単に倒せた。
で、滑り台のとこでラーメン食べた。旨かったー。あれ。

という、夢を見た。

yuuが(本人談)
posted by なりっと at 21:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コドモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二月十四日、居酒屋にて

仕事帰り、嵐の夜に煌々と明りを灯す小さな居酒屋に駆け込む。

今日の乾杯の台詞は「おめでとう」そして「ありがとう」

外は嵐。

食後には親子合作のお菓子とメッセージ。

外は嵐。

いつもの他愛のない話のなかで「来年の抱負は?」と問われ「去年と同じ」と、やはりいつもの他愛のない答えを返す。

店を出たら、嵐はすっかり雲を吹き飛ばして、どこかに去っていた。
だから僕は星にただ一つだけ他愛もなく願う。

来年も今年と同じでありますようにと。

posted by なりっと at 21:48| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 大好きな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

記録生活第242回

職場の人で妙にボクのことを褒めちぎる人がいます。

ほんの他愛ない一言なのですが、単純なボクは上がる口角を抑えることができません。
全く。恥ずかしいからやめて欲しいのです。

褒められた時の格好のよい受け流しかたを知っている方がいたら、是非とも教えて貰いたいです。

いつも悔しいので、今日はボクもその人を真顔で褒めてやりました。

その人の口角はやっぱり上がってました。ふふふ。

続きを読む
posted by なりっと at 23:41| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

ムーミン占い

ムーミンの彼女はノンノンだ。○か×か。


ムーミンの彼女のお兄さんは文系だ。○か×か。


ムーミンの声は岸田今日子だ。○か×か。





あなたのムーミン型は・・・
posted by なりっと at 06:33| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 下手な考え休むに似たり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永久凍土

こころを凍て尽かせるのなら白くぶ厚い氷がいい。

透かされぬよう、溶け出してしまわぬよう。

温もりなど、半端に感じてしまわぬよう。
posted by なりっと at 06:31| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 独りうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全ては盲信なのだから

自然の摂理も
偉人の台詞も
物理法則も
苦痛ですらも

その人の言葉の前では遥か遠く霞む。

信頼とはそういもの。

あなたがその手を離さないと言うのなら、わたしはこの深い森でさえも目を瞑って歩いていける。
posted by なりっと at 06:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 独りうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

「くま夫婦」帯コメストレッチ略してコメスト

後悔 熊に立たず-「くま夫婦本の帯コメストレッチ

Jub Up くまly-「【勝手にく祭り第二弾】「くま夫婦」帯コメストレッチ

へのクマックバックです。

nande27さんcrazy_mamさんがこんなことを言っていました。

>書籍の帯って、よく作家の友人?のコメントが載っていたりしますが、ヤンボルから(呼び捨て)「帯コメントお願いします」なんてことになったらどうしよう。

>なんといっても当方、ヤンの(省略)気になるブログNo.1(酒量順)。

ハッ!

なんてこと。そういえば当方もヤン様(<若干古め)の気になるブログNo.1(よくわからない順)。

とゆうわけで、くま夫婦が書籍化したときの本の帯コメを頼まれたときに備えて、みんな帯コメストレッチだ!(nande27氏談<こんなにパクって怒られないかしら)

【くま夫婦本の帯コメ】

家族構成は2頭と1匹の核家族。

この猫、凶暴につき。

くま出没地帯。爆笑注意。

北海道で発見されたKMA。

猫獣戯画。

特別天然保護夫婦と猫。

北の大地で逞しく生きるくまの夫婦の物語。

笑わないで読み切れたら冬眠します。

食前食後にくま夫婦。

北海道一のおしくま夫婦。

世界3大くまといえば、
テディベア、
パディントン、
くま夫婦。

くまなのに、くまなく笑えます。くま夫婦。


さあ、みんなもれっつ帯コメストレッチ。

posted by なりっと at 06:59| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

くま夫婦書籍化決定!

くま夫婦 by中央ヤンボル-「つ、遂に書籍化!!」(ご本人)

【くま夫婦祭り一人で開催中】Jub Up くまly-
 「【大ニュースですよ】「くま夫婦」遂に書籍化!」(お祭り隊長)

今週のピックアップブロガー -
「 【新春特別インタビュー・第2弾】祝・「くま夫婦by中央ヤンボル」 この春、書籍化!」(PUB)
へのトラックバックです。


こちらに来られる方はもうご存じの方も多いと思いますが、こんな嬉しいニュースが飛び込んで来ました。

つ、遂に書籍化!!

北の大地、北海道で逞しく生きる熊の夫婦と凶暴猫ミャー氏の日常をセキララに綴った
が、遂に書籍化。

発売は春。
幻冬舎から出版されます。
売り切れ必至。
今すぐ書店へお問い合わせを。

待ちどおしい春まではこのツッコミどころ満載熊妻さんのユーモア炸裂のこちらを読んで我慢しますか。

【新春特別インタビュー・第2弾】祝・「くま夫婦by中央ヤンボル」 この春、書籍化!

東京でのサイン会希望。

興奮しすぎ、オレ
posted by なりっと at 23:35| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 参加することに意義がある!のか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録生活第241回

さよならだけが人生かどうかは、まだボクにはよく分からないのですが、縁とはとても不思議なものですね。

先日、東北出身の職場の人と呑みました。
まあ、ボクと呑んでいるので、当然カレーの話になったのですが、職場の人がこんなことを言い始めました。

「地元に普通の居酒屋なんだけどさ、昼にカレーを出してた店があるんだよね」

「はあ」

「で、結構おいしかったから、久しぶりに食べようと思って行ったら、休みだった」

「おいしくてもやって行けない店ってあるんですよねー」
「いや、潰れたんじゃなくて、東京の店に行ってるから、休みなんだって」

「え?まさか。東京の店って、神田にありますか?」

「分かんない」

「ポークカレーがウリでしたか?」

「なんだったかな。店の名前は確かばんこう花だったかな」

「うーん。良く分かりませんね。店の人が、吉幾三みたいじゃないでしたか?」

「うん。確かにそうだった」

ビンゴ。


どうもその方は幾三カレー本店に行っていたみたいです。地元では結構有名な店らしく、神田でのカレーはボクが一番始めに食べたと言っても信じてもらえませんでした。

幾三カレーの味を知っている人が東京に何人いるでしょう。その人が同じ職場で飲みに行く仲になる確率とはどんなものでしょう。

媒介が幾三カレーなので、全くドラマチックじゃあないですし、運命も感じませんが、とにかく縁とは不思議なものですね。

久しぶりに食べたいなーっと思ったら、残念ながら幾三カレー東京支店は現在休止中のようです。
続きを読む
posted by なりっと at 23:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。